日本語でコミュニケーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語の教え方NO.11 「中上級」…「別の」と「他の」ってどう違う?

<<   作成日時 : 2017/11/23 10:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の研修会、またまた面白かったです。
Q:「別の」と「他の」ってどう違うんでしょうか。
A1:うーーん???あのう、、、「別の」はもう一つあるってことで、「他の」は…・
A2::グループ(A,B,C,・・・のような構成員)があって、「他の」は例えば「A」以外の「B」とか「C」を言うときに使うんですかねぇ、、

で、【結論】
1.「別の」は→二つのものを並べ(A)の…、別の(もう一つの)(B)というときに使う。
2.「他の」は→「A」でないもの、、、というときに使う。

(例)
 1.「Aさん、このコップ汚れてるよ。別のを持ってきて!」(この場合Aは同じタイプのコップで汚れていないものを持ってこなければならない)
 2.「Aさん、このコップはデザインが良くないよ。他もものを持ってきて!」(この場合Aは全く違うデザインのコップを持ってこなければならない。この場合気を利かせて、何通りかのデザインのコップを持っていくほうが上司に気に入られる)
、、、なーんて話を延々としましたぁ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語の教え方NO.11 「中上級」…「別の」と「他の」ってどう違う? 日本語でコミュニケーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる