日本語でコミュニケーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 学んでも、学んでも、、、教えることはわずかしかない。

<<   作成日時 : 2018/06/30 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本語教師の養成講座で「先生、こんなにたくさん調べてきたのに、学生に教えることは限られているのがとても残念です」という発言がありました。「日本文化をどう教えるか」という授業の一つ「折り紙指導」の「折り紙の歴史について教える」というところを指導していた時のことでした。
●そうなんですねぇ、、、。教えたいことは山ほどある、しかし
1.今の授業の「狙い」は何か。…折り紙を折ることで、「日本文化に親しんでもらう」ことがそのねらい!
2.学生の日本語レベルにも限りがあるので、「紙の歴史」について調べてきたことがどのくらい理解できるか?…学生の日本語能力にもよりますが、、、。
3.ただ、上級レベルであっても「今から折り紙を折ろう!」というときに、長々と紙の講釈がききたいだろうか?
 …今から日本のお寿司をいただきます。えーぇ、寿司の材料である「米」は紀元前4世紀縄文時代の末期から日本で生産されており、、、、江戸時代には「ちらし寿司」・・・、みたいな話を延々とされても、「あーっ、早く食べたいよう・・・」ってことにならないでしょうか。(図書館で調べたような話をそのままするのではなく、もっと手短に興味を引く話にしないと、聞く人が聞いてくれなり、日本語教師としては致命傷を負う所とになるわけですねぇ、、。
●日本語教師でない人も、「自分の話を聞いてほしい」と思うときは、どんな風に話したら、相手が興味をもって「(・_・D フムフム」と聞いてくれるか、、、その点をちょっと注意してみてはいかがでしょうか?
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学んでも、学んでも、、、教えることはわずかしかない。 日本語でコミュニケーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる