アクセスカウンタ

help RSS テーマ「日本語学校」のブログ記事

みんなの「日本語学校」ブログ

タイトル 日 時
つくったものを壊される、、、
つくったものを壊される、、、 つくる、作る、造る、創る、、、「つくる」ものはいろいろあっても一度つくったのものを壊されるつらさ、恐怖、悲しみは同じだと思う。津波で宮城県の気仙沼市の陸(おか)に上がった大型漁船「第18共徳丸」が解体されるのだそうだ。この船に関わった全ての人の悲しみや怒り、、、「何かをつくる者」の仲間として、その心に共感できる。 私の「つくる」は船のような形があるものとは違って、「学校をつくる」「クラスをつくる」「講座をつくる」「授業をつくる」というようなものなのだが。 今年はそのつくったものをことごとく破... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/11 11:10
だれでもできそうで案外できない仕事って、、、なぁに?
だれでもできそうで案外できない仕事って、、、なぁに? テレビで「普通の人でタダ者じゃない人」の紹介をしてた。★「カンガルー100匹の顔と名前を間違えなく言える人(こちらは当たってるどうか全くわからないのだけれど)」とか●「裏字をスラスラ書くハンコ屋さん」とか。中でもすごいのが「卵を一分間に60個の割合で割っていく人」。◆卵なんて簡単じゃん!と思う人は一回挑戦してほしい!まぁ60個も割ってどうする、、、ってこともあるけれど、仮に5個でも、黄身がくずれず、殻も入らずすばやく割るのは相当難しい。それを見ながら、「日本語なんてだれでも教えられるんじゃないで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/20 00:32
セクハラ!パワハラ!
セクハラ!パワハラ! 「あなた、会社のルールは守らない!上司の言うことは一切聞かない!40才にもなって、そんな社会性のないことでどうしますか!」ってアルバイトを叱ったら、そのアルバイトから「あなたこそ公衆の面前で大声で私を叱るなんて、パワハラじゃありませんか!」と言い返されました。 そうですねぇ。ものは言いよう。 今世紀に入ってから特に組織の中で上にいるものは相当大変です。 部下が異性の場合軽い調子で 男上司:おっ、今日は髪切ったんだね!失恋でもしたの?(ブー!セクハラ) 女上司:あら、そのネクタイすてきね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/17 09:53
日本語教育 中上級指導について
日本語教育 中上級指導について 今月から「中上級指導法実践・実習」が始まる。 ●「日本語教育」と言えばだれもが「あ、い、う、え、お」「こんにちは。私はミラーです。アメリカから来ました」みたいな会話を教えることを想像すると思うけれど、 ●実は日本語教師がマスターしなければならないスキルは「中上級指導」にある。大まかに分けて、 1.漢字を含む文字・語彙指導  2.文法指導  3.聴解指導  4.読解指導  5.作文指導  6.会話指導 ◆ところが悲しいかな、現在ある「日本語教師養成講座」の「中上級指導法」では、私... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 11:34
先生!わたしはとんこつラーメンが大好きです。
先生!わたしはとんこつラーメンが大好きです。 先日NILS(日本語学校)で、年末会が開かれました。日本でよく行われるクリスマス会のようなものです。じゃぁ、何で「クリスマスパーティー」って言わないか?と思う人もいるでしょう。  ◆実は以前はそう呼んでいたこともありました。しかしある年、「12月にする会ですが、クリスマス会という名前なら私は参加しません」という学生が現れました。 よく考えて見れば、そうですね。「クリスマス」は、キリスト教の行事なので、他の宗教の人が参加するのは、「おかしいと言えばおかしい」。なのに私達、日本人はそのことにあま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 15:59
日本語教師のbeliefs
日本語教師のbeliefs 「教師の信念、考え方」がその人の「教育の現場」に反映する!というのが「教師のbeliefs」というらしいです。 で、先日「新米教師のAさんのbeliefs」について驚いたことをご披露しましょう。 Aさんがマスクをして授業から帰って来たのを目撃した私、 桐: Aさん、授業中にマスクしてたんですか? A: ええ。風邪引いてたんで! 桐: あのねぇ、初級の授業でしょう。口が見えない、声がくぐもって聞こえる。それでどうやって「あいうえお」を    教えるんですか? A: だって、学生に風邪... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/08 12:42
科学の進歩と人間の退化
科学の進歩と人間の退化 先日、これからコンピューターを利用してどういうことができるか、という見本市を紹介していました。車を携帯電話で動かしたり、周りに不審者がいたら、メールで写真を送ってくれたり、、、。その中で「電子書籍」を指先タッチでめくるのではなく、「目がページ末まできたら、自然に次のページに移動する」というのがありました。 (おーっ、ついにここまで来たか、、、) ●人間は元々、体全体を使って行動するものだったのに、、、。二足歩行、両手それぞれ五本の指を自由自在に動かして料理を作ったり、ピアノを弾いたり、野球を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/11 23:43
ヘアースプレイ
ヘアースプレイ ちょっと古い映画だけど、ジョントラボルタの「Hairspray」という映画を見た。「差別」というテーマをそれ程暗くなく、重くなく扱っているものだけど、分かりやすくていいな、と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/29 14:33
自己嫌悪、、、。
自己嫌悪、、、。 「自己嫌悪」ってものに時々悩まされます。言わなくていいこと言って、自己嫌悪。なぜか似合うはずもない派手な格好で外に出た瞬間から自己嫌悪。学生の前で歌を歌って自己嫌悪。 ●まぁこうやって並べて見たら、しなくてもいいことをわざわざやって、自己嫌悪に陥ってるみたいですねぇつまり、何もしないで家に引きこもってたら、こんな自己嫌悪に悩まされなくて済むのかなぁ、、、。 ●それにしても、自己嫌悪ってなんなんでしょうね。そもそも自己嫌悪の元凶は自己そのものであり、その自己を嫌悪している自己も自己なのです。(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/27 22:28
先生、就職決まりました!
先生、就職決まりました! 「先生、就職決まったから電話しました」バングラデシュのカンさんに電話をもらいました。就職が決まった喜びを日本語学校の教師に電話して伝えてくれる、、、。本当に感謝です。そんな風に喜びを伝える相手だと思ってくれて、、、。  いくら教師をしているからといって、相手が日本人の学生なら高校の担任の先生や大学の先生に喜びの電話をくれるなんてないでしょう。余程世話しない限り、、、。なのに私達日本語教師にはそんな電話をくれるのです。 こんな時「あなた、そんなに思ってくれるに値するほど世話を焼いたんですか?」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/08 21:02
心を病んで
心を病んで  私が教えている日本語学校の卒業生で現在大学2年生のHさんが精神病院に隔離された、と聞き、驚いてそこを尋ねました。ところがその病院の受け付けで「今日は面会できる状態ではありませんから」と面会を拒否され、「では、先生とお話しができますか」と聞くと「親御さんではありませんから」とまたもや拒否。 Hさんは中国人です。しかも大学の職員が何千人もいる学生の一人一人の面倒を親代わりに見ているわけではないでしょう。だったら、誰が中国にいる親の代わりをしてあげられるのでしょうか。彼女は大海に捨てられた棒きれの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/06 22:45
優先席
優先席 ある日、バスに乗ったら、某有名国立大学の学生(なぜわかるかというと、そのバスの始発点は某大学で、school bus状態だから)の学生が「優先席」に座っていました。 「あなた、立ちなさいよ。そこは優先席でしょう。字が読めるの?(私はいつもはおとなしい性格だけれども、そのバスに乗る度に充満している学生たちによって、年寄りは立たされ、妊婦は押しつぶされた状態を見ていたので、、、。)  すると、その学生「はい。だから座ってます!」とのたもうた!つまり、何?「優先席=優秀な学生が先に座っていい席」っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/05 11:24
明けまして おめでとうございます!
今年はゆとりある生き方がしたーーーいっと切に願ってますが、、、。うーん、どうなんでしょうか。 1月早々に、イスラエル人、ロシア人とか、今まで経験したことのない外国人がやってきます。問題は「漢字教育」。これがまた涙が出そうに、大変です。イヤーっ、、、。「ゆとりある生活」なんて、新年早々から望めそうにないですねぇ、、、。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 16:21
日本語学校の年末会
日本語学校の年末会 今日は一年で最後の行事、「年末会」の日!職員室を開放して歌を歌ったり、教室でゲームをしたり、もう大騒ぎ。日頃まじめに授業を受けている学生も、来たばかりで、日本語がまだまだの学生もみんな一緒になって、楽しみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/20 18:24
ブログを書かなかった、イヤ書けなかった!
ブログを書かなかった、イヤ書けなかった! ぐらい、、忙しかった。まぁ、今も相変わらずではあるけれど、あまりこのまま書かないと、ちょっとまずいかなぁ、、、と思い、、、。11月に、ニューヨークアカデミー(NYA)http://www.ny-academy.com/の修了生を出し、無事就職させた。日本語学校の面接官から、「今までの模擬授業とは全くできの違うものを見せてもらった!」と評価をいただいた。まずはひと安心。NYAの目指すところは「プロ志向の強い人を育てること」にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 12:07
マニュアルって何?NO.2
マニュアルって何?NO.2 また、また、マニュアルの話。日本語を教えるための勉強は、車の免許を取るのに似ているって、随分前のブログで書いたけれど、ここでまた、同じことを考えた。私達は「車の運転」を学ぶ時、「車の運転マニュアル」を最初に見るのだろうか。確かに教習所に通うと、最初に理論を学ぶ。それと同時に実際に教官を横に乗せて(イヤ乗ってもらって) すぐに車の動かし方、道路の走り方、駐車の仕方、、、などを事細かく注意される。仮免を取ると実際の道路に出る。そこでまた、道路の上で起こる様々な出来事を体験し、一つずつ学んで行く。そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/07 11:23
「マニュアル」って何だろう?
「マニュアル」って何だろう? 日本語教師養成講座 ニューヨークアカデミーwww.ny-academy.comで教えている。テキスト「みんなの日本語」から数課を抜粋して、実践練習をしているときのことだ。「先生、文型導入やドリルをどうやるのかを考えるのは大変です。みんなの日本語には、テキストマニュアルがある、と聞きました。マニュアルがあるなら、どうしてそれを早く見せてもらえないのでしょうか。」という質問が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 15:15
ウェブリな毎日437
ウェブリな毎日437 最近テレビを見ていると、アナウンサーや、レポーターの異常な敬語が耳障りだ。「オーソドックスな日本語」を話すことで定評のあるNHKでさえ、自由に話す場面では「お始めになっていらっしゃるんですか」などといわゆる二重敬語を乱用している。しかも相手は「多寡が、、」と言っては失礼かもしれないが、どう見てもそこまで祭りあげなくても、、、と思える相手だったりして、、、。 NHKのアナウンサーでさえそれだから、巷の人間となると尚更だ。以前にも変な敬語について、書いたけれども、また別の店で食事をしていると、注文... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 22:49
日本語教師のウェブリな毎日436
日本語教師のウェブリな毎日436 毎日、毎日地震のニュース、原発の事故、、、。不安な毎日だ。東京に憧れて進学先の大学を決めた日本語学校の卒業生たちは、どんな日々を送っているのだろう。中国では日本のニュースが流れるや、「放射能汚染には、塩が効く」というデマが流れ、多くの人が塩を求め、店頭の塩が瞬く間に売れ、品薄になり、塩の株が平常より10%もあがった。塩を飲み過ぎて死人が出る始末」などとうそのようなホントの話があるそうだ。何の被害もない、ここ福岡の町の留学生たちの親もパニック状態になり、学生を帰国させてほしいという電話が殺到!うー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/23 08:41
日本語教師のウェブリな毎日435
日本語教師のウェブリな毎日435 ◆東北の地震について卒業生や学生たちの家族から、次々と電話やメールの問い合わせがあった。また、原発の事故を聞いた人からは「海藻をたくさん食べて、体の放射能を洗い流して下さい」というチェーンメールが届いた。 「私の住んでいるところは九州ですからね、今回は大丈夫。被害は全くありません」と何度も説明した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/15 11:15
日本語教師のウェブリな毎日433
日本語教師のウェブリな毎日433 ニュージーランドの地震で、被害にあったクライストチャーチの語学学校「Kings Education」のニュースを見る度に、いつも以上に胸が締め付けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 10:28
日本語教師のウェブリな毎日432
日本語教師のウェブリな毎日432 「あなたのようなベテランの教師でも、教案を書くんですか?」と聞かれた。「ベテラン!」という言葉には抵抗があるけれども(そこまでの自覚がないので、、、)とりあえず、「教案を書くか」の答えは「もちろんです!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 22:47
日本語教師のウェブリな毎日431
日本語教師のウェブリな毎日431 「トスカーナの贋作」の主演女優ジュリエット・ビノシュのインタビュー記事に、彼女が「相手を変えられると思うのは人間が陥りやすい誤りです」と言った、というのがあった。 ●最近、学校の組織を変えようと考え、それぞれの仕事に適任な人を選び、当てはめようとした。ビノシュの言葉を聞いて大きな過ちに気がついた。「自分の思うように人は変えられない」ってことだ。 ●ならば、、、。こちらが変わるしかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 10:21
日本語教師のウェブリな毎日430
日本語教師のウェブリな毎日430 大学の入試試験の結果がチラホラ聞こえてくる。留学生は6月と10月に「日本留学試験」という試験を受けてから、実際の入試に臨む。この試験は合格、不合格という判定ではなく、総合で何点取ったかが実際の大学入試に影響する。もし、10月(6月でもいい)の試験結果が悪ければ、国公立に合格するのは難しい。 留学生の多くはまず、4月か10月に日本語学校に入学し、1.5年から2年日本語を勉強してから、大学や専門学校に進学する。もし、10月に入学した場合、最初の日本留学試験を8か月後の6月に受けることになり、これは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/19 16:02
日本語教師のウェブリな毎日428
日本語教師のウェブリな毎日428 いっしょに働いている教師に、「あなたは、あなたの教授法に自信をもっているかもしれないけれど、それがいいかどうか、他の学校のやり方を知らないので、何とも言えない」と言われて、かなりショックを受けている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/17 19:45
日本語教師のウェブリな毎日427
日本語教師のウェブリな毎日427 連休を利用してネパール語を勉強してみる。そして新しい発見!文法が日本語と同じSOV型なので、意外と学びやすい。翌日ネパール人のクラスで、ヒジョ エクダム ジャロチャ。アジャ テティ ジャロチャイナ。(昨日は寒かった。今日はあまり寒くない)と言ったら、「おーっ」と言ってくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 00:49
日本語教師のウェブリな毎日423
日本語教師のウェブリな毎日423 現役の日本語教師に「『先生の授業、おもしろいです』と言われたことありますか?」って聞いたら、「イヤ、別に。授業中に冗談言って笑わせたリはしませんから、、、」と、返されて、「え???」と思う。こちらも「イヤ、あなたが言ってるのはfunny(おかしい、ゲラゲラ笑いたくなる)の方でしょう。私が言ってるのはinteresting(興味が持てる、やる気になる、勉強したくなる)の方ですから」と返したくなった。 ●語学の勉強は楽しくなければ続かない。最初はみんな必死だから、単調なドリルもちゃんとやるし、つま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/09 23:31
日本語教師の ウェブリな毎日 415
日本語教師の ウェブリな毎日 415 養成講座の受講生に「ある人から、週一回で一か月10万円払うから、日本語を教えてください」と言われたら(現実にはそんな法外な報酬は少ないと思うが、、、)、あなたは引き受けますか」という質問をしたら、みんなコックンうなずいた。 ●どうですかねぇ。私だったら、、、。たぶん引き受けないでしょう。第一相手に対して、それに見合う教育ができるか、一カ月後、もらった報酬だけの効果を生みだすことができるか、、、。そう、考えたら答えは「NO!」 ●日本語は英語や韓国語、中国語等と同じように、「語学の一つ」なので... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/29 11:21
日本語教師のウェブリな毎日 Lost Temper
日本語教師のウェブリな毎日 Lost Temper 今日は結構落ち込んでます。「みんなの日本語21課 〜と思います、〜と言いました」をネパールの学生に教えたのですが、、、。はっきり言ってうまくいかなかった、、、。うまく行かなかった理由は以下の3つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/27 21:26
日本語教師のウェブリな毎日413 
日本語教師のウェブリな毎日413  「日本語教師として必要な資質って何ですか」と聞かれたら、たいてい、「そうねぇ、異文化コミュニケーションがうまい人かな?」って答える。 ●「異文化」と言えば、「日本人と外国人」というくくりではなくても、例えば、「わたしと、隣りに座っている誰かさん」というだけでも「異文化」と言える。ならば、最近頓に増えてきた、バスや電車の一人座り。二人掛けの椅子の時は隣りに人が座らないように、わざと手荷物を置いておく。他に空いている席があれば、わざわざ「あのー、その荷物どけてもらえますか」と言う人もいないだろう、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/27 00:50
日本語教師のウェブリナ毎日412 「漢字名」
日本語教師のウェブリナ毎日412 「漢字名」 日本語学校で学ぶ学生は、入国するとすぐに銀行口座を開く。その時まず必要なのが印鑑だ。中国や韓国の学生は、本国から持ってくる者もいれば、日本に来てから作る者もいる。 ●その他の国から来た学生は、もともと「サイン」の文化なので、日本で初めて印鑑を作ることになる。そこで問題になるのが、「カタカナ名」。「カタカナのハンコ」っていうのも別に問題ではないのだけれど、「簡単に偽造される」、「重みがなく、安っぽい」などの理由から、多くの学生から「漢字名」を作ってほしいという要望が来るようになった。 ●親がつ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/26 10:01
ウェブリな毎日360
ウェブリな毎日360 休みを利用して、初級教材を作ってしまおうと思っている、、、だけ。遅々として進まない。朝から自分をだましだまし、仕事をさせてはいるのだけれど、、、。もう、イヤでござんす。 ●チームティーチングを推奨しているため、教える内容が教師によってバラバラではダメだろう、ということで、教室で使うプリントは共通のもの、と決めている。 、、、これが、、、また、、、共通プリントを作る方はひとり過労状態。始めなきゃよかったのに、、、。 ●各級の共通プリントがほぼ完成したら(数年間かかるのだぁ、、、)「教師各自が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 18:13
ウェブリな毎日358
ウェブリな毎日358 「漢字を教える」ということに少しこだわって見ようと思う。日本語を学ぶには「漢字」を知らなくてはならない。今まで中国人の学生に日本語を教えることが多かったために、それほど「漢字教育」を意識して来なかった。しかしこれからはそれではまずいと思う。いや、これからではなく、今までだって、まずかったことにはちがいないのだけれど、、。 はっきり言えば避けて通ってきた。うーん、難しいんですよねぇ、、、これが。何しろ、日本人が小学校から毎日、毎日12年くらいかけて勉強するものなのでねぇ、、、。外国人、しかも「あ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 17:57
ウェブリな毎日351
ウェブリな毎日351 「学習する」=@学び、習うこと。A過去の経験に立って、新しい知識や技術を習得すること。 ●そう、最近はAを行う人がすごく少ないように思う。@学び、習う。@学び、習う。@学び、習う。を繰り返す。これに飽きたら、全く新しい何かを自分で創造しようとする。し・か・し、@の繰り返しばかりしてきた人間は「創造力」が極端に低下しているため、いくら考えても、なーんにも生まれてこない。 ●それに「創造力」なんてどんな人間にも平等に与えられているわけではない。ほんの一握りの人間に与えられた「特権、恩恵」だ。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 15:48
ウェブリな毎日350
ウェブリな毎日350 先日計3回に亘る「通訳授業」が終わった。 ●「通訳基礎」では「空港で」「ホテルのロビーで」「工場見学」「打ち合わせ」の4パターンを「日本語から中国語へ」、「中国語から日本語へ」。 ●「通訳応用」では「異文化コミュニケーション」に関するスピーチを通訳する、という設定で、「マナーの違い」、「ラッシュアワーの電車内から日本人の忍耐強さを学ぶ」というテーマを「日本語によるスピーチを中国語へ」。また、「食文化の違いーそばの食べ方」を「中国語から日本語へ」通訳。 ●総仕上げとして、「通訳基礎」の部分を... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/30 12:40
ウェブリな毎日349
ウェブリな毎日349 最近よく「大学入試の面接練習」をする。「どうして我が校を受験したのですか」「○○学部で勉強したい理由は何ですか」などの定番から「日本人をどう思いますか」、「日本のラーメンはおいしいですか」などどうでもいいような雑談にいたるまで、様々な質問を想定して練習する。たいていの場合、想定された質問に対する応えを、予め文にし、担任にチェックしてもらい、それを暗記して面接練習に望む。 ●で、問題はこの「暗記文」。どの学生を面接しても「金太郎飴」みたいな応答。「貴校を選んだ理由は優秀な教師陣、大学の設備も整っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 11:59
ウェブリな毎日347
ウェブリな毎日347 「才能」=その人そのものの中に元々ある能力。つまり「才能」と言うものは自分で努力して勝ち取るものではなく、最初から「与えられたもの」なわけだ。つまり「才能に恵まれ」なければ、いくらがんばってもダメ、ってこと? 悲しいけれど、そうなんだと思う。例えば日本語教師を見ていると、「国語力」のない人がいる。これは致命傷。その一方で語彙や文法について「この文、変じゃない?」というセンサーが常に働いている人は、この仕事に関する才能がある人だと思う。 ●そんなことを言われたら「私は才能がないからダメか」と思... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/16 12:56
ウェブリな毎日345
ウェブリな毎日345 日本語学校の主任、という仕事はとても大切なポジションだ。主任になれる一応の資格としては、日本語学校で3年以上専任教員として勤めていること。じゃぁ、●3年以上なら、誰でも主任ができるか?というと???。教務一般の事務的な仕事はおそらく一応クリアできると思う。更に主任ともなれば、授業を担当する教師たちを指導できるほどに、「教える能力が高くなければ」他の教師がついてこない。●さて、これもクリアできたとしよう。次に待っているのは、学生が主任を教務の長として認めることができるか、というところだ。実はこれが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/09 10:14
ウェブリな毎日344
ウェブリな毎日344 正月になると「開けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」とあいさつをするのが当たり前、と思っているとそうでもないこの頃である。正月に限らず最近はエレベーターでばったり出くわし、こちらが「こんにちわ」と言っても返事しない人がいる。何なんだろうねぇ、、、。口が減るとでも思っているのだろうか。「人と交わるのは面倒くさい。面倒くさいけれど大切なことだ」って寅さんの山田洋次監督が言ってましたぁ、、、。コミュニケーションの初めは「声掛け」です。さぁ、正月からがんばろう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/08 18:04
ウェブリな毎日343
ウェブリな毎日343 最近、他人が日本語の文法を教えている風景を見て、あれっ?っと思うことが多い。なーんか「数学」か何かを教えているような、、、。「これわぁ、こういう意味でぇ、つ、ま、り、こういうことですねっ!」という具合に、何だか力み過ぎじゃないのかなぁ、、、。普通に会話調に話せないんだろうか。●文字・語彙を教えるときも、文法を教えるときも、読解を教えるときも、常に「会話」を意識して日本語を浴びるように聞かせない限り、やっぱり「媒介言語」で教えてもらった方が合理的だよねぇ、理解が早いし、、、ってことになると思うんだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/07 17:53
ウェブリな毎日342
ウェブリな毎日342 4月から、「日本語会話教師養成講座」を始めようと思う。目的は主に、海外派遣の「日本語会話教師育成」。主な派遣地は中国。NPO-FANでは長いことこの仕事を推進し、中国などへの派遣先を確保したにもかかわらず、なぜか行く人がいない。なーんでか、というと、一番に給料が安い、ということか。じゃぁ、そこがクリアできれば行く人がいるか、といえば、これまた???。次は派遣先の問題かも。もし、「カナダへ派遣します!、はたまたスウェーデンはいかが?」っていえば、わぁーって来そうな予感!でもまぁまぁ、落ち着いて... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/04 09:40
ウェブリな毎日341
ウェブリな毎日341 新しい年が始まりましたねぇ。今年はどんな年になるのでしょうか。ところでスリーエーネットワーク社からの年賀状に拙著「カタナカ語すらすら1日10分」をアメリカの学会(どこのどんな学会かは知りませんが??!)で紹介したら、評判よかったですよーっ!」って書いてありました。うーん、私もいよいよ世界に船出かーっ!なーーんて調子に乗り過ぎるのもなんだけど、、、!まぁ、幸先いい出だし、ってことでーーーっ!今年も日本語!よろしくお願いしまーーす。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/02 20:02
ウェブリな毎日340
ウェブリな毎日340 日本語学校をある程度の形にするのに、約3年かかる。で、この頃その5つ目ができあがった。まぁ、自分では満足のいく形。で、人に任せることにした。●「あれだけ精魂傾けて作ったものを、簡単に人に譲るのって寂しくないですかぁ?」ってある人に言われた。そうねぇ、、、。組織、というものは一度出来上がってしまえば誰かが欠けても回るものなんですねぇ、これが、、、。学校づくりって私にとっては、作品を作るようなもの。作ってしまえば後は、それを良くするも悪くするも、これから学校を動かしていく人たちにかかっているってこと... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/27 18:20
ウェブリな毎日337
ウェブリな毎日337 Yahooドームで開かれた「就職説明会」のセミナーをしてきた。何でも12月1日と12月2日で2万人を越す学生が集った、というから、驚き!不況を反映してるんでしょうねぇ。不況の連鎖は私たち日本語学校の募集にもクラーイ影を落としているんですけれど、、、。それでも日本語教師の仕事はなくなることないと思うよーっ!すごく楽しい、すごくやりがいのある仕事なんです、、、。是非是非職業を選ぶ、選択肢として残しておいてほしいものです。なんて、話してまいりました、果たして効果ありやなしや、、、。(写真は我が家のリビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/06 16:23
ウェブリな毎日336
ウェブリな毎日336 休みを返上してスポーツ大会!楽しむときは思い切り楽しんでみせる。勉強するときは必死で勉強させる。そういう雰囲気に持っていくのは結構大変。でも、まぁ、みんなの表情を見ていたら、成功しているかもねぇ。写真は皆で大縄跳びに挑戦しているところ!撮影は我がクラスのミカエラ! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/23 18:36
ウェブリな毎日335
ウェブリな毎日335 「カタカナ語すらすら1日10分」ができあがった。「みんなが使ってくれた帯教材が本になりました!」って学生に紹介すると、すぐにクラスの全員が拍手してくれた。そして、 ●カナダ人のミカエラさんが「先生って、そんなすごい人だったんだーぁ」って褒めてくれた。まぁ、自分自身はそこまでは思わないけれども、人に面と向かって褒められたことがない私は、、、じわーっ、、、っとうれしかった。 ●前回の「語彙力ぐんぐん1日10分」の時は、共著にしたが、今回は一人で出版した。それでも、多くの人の協力を得てできたことに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/14 09:25
ウェブリな毎日334
ウェブリな毎日334 えぇぇー、カタカナ学習本「正しく書ける カタカナ語すらすら1日10分」(スリーエーネットワーク)が近日発売!になります。つまり、「語彙力ぐんぐん1日10分」の第二弾ってことになってます。 ●この本は2008年日本語教育振興協会の「夏季研究大会」で発表した「外来語のカタカナ表記練習」の内容を本らしくして出したものです。 ●英語のスペリングから「カタカナ語」を類推する、っていうものだけど、なかなか法則化するのがむずかしく、考えていると「ことばの森に迷い込んでしまった」と以前にもこのブログで書いた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/08 11:53
ウェブリな毎日332
ウェブリな毎日332 以前から「〜先生」と呼ばれるのが大きらいだった。先日その理由がわかった。 ●「〜先生」と呼ばれる人は確かにそう呼ばれるだけ「何か人に先んじているもの」があるのだろうが、「?」と思う「先生」もいる。特に「???先生」は「日本語の先生」に多いように思う。 ●確かに日本語教育の世界で、私たち日本語母語話者は絶対の存在であることは間違いないのである。しかし、それは「日本語」ということにとどまっているという事実をたくさんの日本語教師が忘れてしまっている。自分より年上であったり、自分より知識も人格も上で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 17:29
ウェブリな毎日331
ウェブリな毎日331 chouさんが「先生たちに」と言って、巻き寿司といなり寿司を大量に作ってきてくれた。「今日はバイトが休みです。アルバイト先ではいつも寿司をつくっているので、今日は先生たちのために作ってきました。いつもお世話になっていますから、、、」みんなで食べた。感激してちょっと泣きながら食べた。ほんとにおいしい愛の味がした。教師をやっててよかった!って瞬間! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 14:36
ウェブリな毎日 330
ウェブリな毎日 330 「上級で学ぶ日本語(KENKYUSHA)3課」で「プレゼンテーション」の練習をしてみる。学生は習った言葉を駆使して「エネルギー問題」「チェルノブイリ原発事故」「新エネルギーの開発」などについて説明を加えていく。うーん、なかなかのできばえ。「あ、い、う、え、お」から学んで1年半、正直ここまでできるとは思いもしなかった。これこそ教師冥利につきるというもの。この次は、いよいよ「(データを踏まえて)自己の意見を述べる」段階へと進んでいく。ここからが、また一歩進んだレベルの学習ではあるが、そこは「日本語教... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/17 11:25
ウェブリな毎日328
「文法は媒介言語を使って」という新しい試みを初めてみた。ムチャクチャおもしろい。もちろん教える方法や使用するプリントなど、それなりの工夫が必要なのは当たり前だが、一番重要なのは、教師が学生の母国語に精通していること、が条件となる。 ●そして、、、教えてみてわかったことは、はっきり、すっきり教えなければ、何語で教えてもわからないものはわからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/10 19:01
日本語の文法1
●動詞のTグループ(五段活用)とUグループ(一段活用)の区別がわかりません。どうしたらわかりますか。という質問を受けた。この手の質問が来るとガゼン張り切る。質問を受けたその時から、「沈思黙考」。「…………?…!…… !!」こんな時間が限りなく好きなんだなぁ、これが。そしてこの難問をクリアしたときの快感は何ともいえない。自画自賛、自分で頭をなでなでしたくなるほどだ。で、考えた。 1.「〜マス」の形から 二つに分ける。 @〜イ段+マス(降ります、書きます、見ます)  A〜エ段+マス (食べま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/01 20:57
ウェブリな毎日325
「外来語表記」の本、作成が大詰めにきている。本の題名を決めたり、CDの吹き込みをする人と打ち合わせをしたり、イラストをお願いしたり、と編集者は大忙しのようだ。(私は原稿を出すだけだから、、、。) ●それにしても本作りって大変なんだ!って改めて思う。本を出すことが決まってからというもの、何度も何度も見直し、考え直し、書き直しが行われて、私のオリジナルとは似ても似つかぬものへと変貌している。もちろんそうでなければ「売れない」わけで、当たり前といえば当たり前なんだけれど、、、。何と言うか、、、。野に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/13 14:08
ウェブリな毎日323
●「本を出す」ということは子供を育てるのに似ている。最初は自分の手元で育てる。自分が作り出すものがどういう形で世に出るか、不安でもあり楽しみでもある。ある程度の形になったところで出版社の手に渡る。そこで、本のデザインや形式が決まっていく。もちろんそういう作業も作者抜きに進められていくわけではない。それでも出来上がったものは自分が思い描いていたものとはかなり違ったものに生まれ変わっている。●まぁ、私が今回出す「カタカナの本」は「日本語の補助テキスト」であるため、初めから「著者」などと大上段に構える... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/23 11:10
カタカナ表記の本
「カタカナ表記」の本を出す。頭の中の血管が一本切れたんじゃないか、、、と思うくらい考えた。な、の、に、、、出来上がったものは至極簡単、単純なもの。まぁ、そんなもんかもねーっ! ●本のイラストを描いてもらうのは、NPO-FANで仲間になったOさん。語彙の中国語訳は教え子のGさん。原稿を検証してもらうのは、いっしょに仕事をしている日本語教師の仲間たちと、日本語を勉強している学生さんたち。仲間で作り上げる本。きっといいものができると思う。楽しみーっ! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/16 16:55
直接法ワークショップ
今日と8月22日、29日の3日間で「第1回直接法ワークショップ」が始まる。 <第1日目>は「直接法とは何か」を学び教案を書いてみる。 <2日目・3日目>は自分たちの書いた教案「直接法で教える日本語」を中国人の教師から中国語で学んでみる。  −直接法で学ぶ日本語学習者たちが、特に最初のころに教師が使う「まだ習っていない日本語」にどんなストレスが かかるのか、体験してもらう。(全くわからない言語で学んでもらう必要があるので、中国語ができる人には、日本語学習者が受けるストレスが伝わらないかもし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/08 10:44
日振協の研究発表 
●今年の夏、「日振協主催の日本語学校教育研究大会」の研究発表に応募した。「留学生30万人計画」に向けて「福岡県と協働で作った地域向けの教科書」を紹介する内容だった。 ●留学生が30万人になると留学生自身だけではなく、その家族や居住地の周辺の住民との交流を含めた生活環境の整備など、新たな問題が多く出てくる。 ●このためNPO-FANと福岡県の「こくさいひろば」が協働で「ボランティア教室のためのテキスト、エンジョイふくおか」を作った。●どうやって「県と協働」に持ち込んだか、テキストはどんな内容を... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/11 11:18
直接法についてNO.2
●「現場で役に立つ教授法」というテーマで、日本語教師向けの本を出そうと3年くらいがんばった。で、出版社に原稿を送ったら、却下になった。理由はいくつかあるが、ま、ぶっちゃけた話、「売れない」ということだ。 ●それはそうでしょう!最近「直接法で教える」関係の本が教師向けに数冊出版されているのを見ても、「買わないなーっ!」と思ってしまう。しかも、それを出しているところが、東京の某有名大学の出版会だったり、日本語教育界で名前が売れている先生のものだったりして、私ごとき無名の人間が出す本など買う人がいな... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/05 11:38
本が出る!
●長いことかかって、やっとまた一冊のテキストを出すことができるところまで来た。「語彙力ぐんぐん一日10分」(スリーエー」の出版から足掛け6年。最初の本を出すまでに3年の月日をかけた。「本を出す」ということは大変なことだと思う。 ●いくつかの企画を出しても、そう簡単には取り上げてくれない。本は売れなければ意味がないからだ。もし企画が通っても、「買ってもらう」ために「読んでもらう」ために、さまざまな工夫が要求され、さまざまに改変されていく。 ●「ひらめく能力」しか与えられていない(もちろんそのこ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/27 11:29
日本語を日本語で教える
つまり、「直接法」ってやつ。私たち日本人のほとんどが「英語を日本語で」習った。最初から「英語を英語で」学んだ人間なんてそんなに多くないと思う。だから「日本語で日本語を習う」学生たちがどれ程のストレスを溜め込むか、わかっていない日本語教師が山のようにいるんじゃないだろうか。 ●「これ」はわたしの近くのもの、「それ」はわたしから少し離れたところのもの、そして「あれ」はあなたとわたしの両方から遠く離れたところ、なんて説明を「これは本です」というところで話す。 ●「これ」「それ」「あれ」も知らない人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/22 21:39
今日は日本留学試験
日本留学試験!日本の大学に留学したい人が受ける試験。 本日6月21日、及び11月の二回行われる。 ●科目は日本語(聴解・聴読解/読解・記述/数学/総合科目(社会系・文系の人のみ)・理科(化学・物理・生物・理系の人のみ受ける) これが大変むずかしい。日本人が受けても半分できるかどうか!留学生のみなさん、がんばって! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/21 11:03
ウェブリな毎日262 クリスマス会
●暖かいといっても師走、やっぱり12月はなんとも忙しい。ブログをそのままにしていたら知らないうちに1ヶ月以上のブランクがあいてしまった。 ●夏休みに「12月には本の原稿を送ります」と出版社に約束しておきながら、その成果半ばで頓挫した状態。事態を何となく甘く見ていた自分にイライラしながら過ぎた一ヶ月でしたぁ。 ●とはいえ、「下手な鉄砲数打てば当たる」の例えにも励まされ、あちこちにでたらめに発砲していたら、少しずつ弾が的を得始め、NPO-FANとしての事業は着実に進みつつある。日本語教師派遣の事... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/21 14:12
ウェブリな毎日261
●「教師」という職業はストレスの多い仕事だと思う。そして、更に「日本語教師」となれば、異文化の中でもまれにもまれ、神経をすり減らすことも多く、辞めていくものもかなりの数いるようだ。 ●むろん、どの職業だって同じではあると思う。ストレスはどんな職業にもあるし、どんな職業でも辞める者はいる。 ではどんな人間が辞めずに残っていくのだろうか。最近ある結論めいたことに行きついた。 ●自分の仕事に「誇り」を持っているものはそう簡単に仕事を放り出したりはしない。  絵描きの作品は「絵」、作曲家の作品は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/08 15:49
ウェブリな毎日260
●日本語学校の短期講座が始まった。このために短期用の授業のコースデザインとカリキュラム、教師のトレーニ  ングを経て、いよいよ10月からスタート!(^・^) ●最初の学生はブラジル人、約二ヶ月の滞在だ。次はオーストラリア人、フランス人と続く。  これからどんな展開になるか。日本語学校の学生たちとは違ったおもしろさがきっとあると思う。楽しみ、楽しみ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/18 09:19
ウェブリな毎日 257
●「久しぶりのゆっくりした週末」、とはいえ来週からまた新しい学期の始まりで何かと準備に忙しい。このところ、新人教師研修がやたらと入る。 ●「教案の書き方」「ドリルの方法」「声の出し方」「教室での立ち位置」、教師としての基本中の基本をたたきこむ。日本語教師養成講座で習ってるはずなのに???「初めて聞きました」みたいな顔をしている人がほとんどであきれながらの研修。 極めつけは、「教科書研究」。 初級を教えるなら「みんなの日本語」(スリーエーネットワーク)のぐらいは研究していてほしいものだけれど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 13:17
ウェブリな毎日256
最近コミュニケーションが下手な人がやたらと増えた、と感じることが多い。誰にも相談せず、先に結論を出してから 「あの、ご相談があります。実は来月でやめさせていただきます」 「えっ!?」 ●理由を聞けばいろいろとある。成る程、と思えるもの、こちらが改善すれば済むこと、相手の反省を促す事柄など 総じて、「辞める」ほどの理由ではないことが多い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/27 10:17
ウェブリな毎日255
●「日本語教育能力検定」試験対策講座で教えている。この試験は「日本語教師として一人前だ」と「世間」に認められる第一歩と位置づけられている。 ●この「世間」とは何を指すか。本当はとっても狭い「世間」=日本語学校に「就職するとき」の、そして「してから」の  箔付けぐらいのものか。これを持っているからといって、「教えることができる」かどうかははなはだ疑問、というより は限りなく「無理」に近い。 ●では、「この試験は必要ないのか」と問われれば、これは「必要」なのだ?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/06 10:47
ウェブリな毎日252
最近謂れのないことで批判された。「私(中国人)を軽蔑した。そのことが許せない」という。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/03 10:37
ウェブリな毎日249
■日本語の教師になって何ヶ月か過ぎると「こんなに大変だとは思わなかった」という人がけっこう多いのに驚く。  「じゃぁ君たちは日本語の教師に対してどんなイメージを描いていたわけ?!」おそらくイーオン、ノバっといった語学教室の教師のようなイメージか?あるいは南国の島でやしの木の下、のんびり日焼けしながら教えている姿か?はたまた??? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/18 23:14
ウェブリな毎日245
よく降りますねぇ。うっとおしい毎日なので教室での笑い話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 19:41
ウェブリな毎日244
久しぶりにHuマンで仕事をする。「日本語教育能力検定試験対策 基礎講座」。とりあえず、「検定試験」を受ける意味、みたいな事を3時間話した。 ●「日本語教育能力検定試験」の合格証が即「日本語教師」の資格になるというわけではない。ただし就職の際には「運転免許証」みたいな効力を発揮するのは確かだし、日本語学習者側から見たら、「この先生、ちゃんとできるんだ」と信用される効果がある。 ●日本語教育振興協会(日振協)が認めている日本語教師の資格として「日本語教師養成講座420時間終了+大卒」というのもあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 18:54
ウェブリな毎日 243
さーて、3年越しの努力、やっと実を結んだって感じなんです。 日本語教師の派遣センター「日本留学アシストセンター 福岡」ができました。 もうすぐHP <http://www.tedhaken.com>も公開しますから見てね! NPO-FANで「派遣前研修」をします。興味がある人は是非是非のぞいてみてください。 あなたも海外で「日本語」教えてみませんか?(^・^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/08 21:18
ウェブリな毎日241
「夏はビールに限る!」なーんてまだ夏じゃぁないんだけど。最近はHアカデミーに行かないせいもあって、夜の自由な時間が増えた。っとなると何か新しいアイディアがいっぱい浮かんできた。やっぱり何かを思考するときは「ゆとり」が必要だね。それにゆっくり本でも書きたい。 ●現在進行中の本は「語彙力ぐんぐん一日10分」(スリーエーネットワーク)の「初級・中級編」と「日本語の教え方」の本。今年中にどちらか一冊でも仕上がればいいんだけど…。まぁ、第一冊目の「ぐんぐん」も足掛け5年かかったからねぇ…。あせらずに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/18 21:43
ウェブリな毎日239
春は「うらうら」と過ぎ去り、知らぬ間に「ゴールデンウィーク」に入ったなんて…! ●今週から「留学センター 福岡」発足の準備が始まった。 この「留学センター」は「日本語教師」を海外に派遣し、その派遣先から「日本への留学希望者」を送ってもらうシステム。「留学センター 福岡」から派遣される「日本語教師」の「派遣前教育」をNPO-FANが受け持つことに決まった。 ●Hアカデミーも、「修了生の紹介など協力を惜しまない」と約束してくれた。これからたくさんの「日本語教師」が海外に派遣されることになるだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 17:59
ウェブリな毎日237
いつの間にか桜も散って、もうゴールデンウィークが近づいてきた。なんやかんや言ってもやっぱり時は過ぎていくのねぇ…。 さて、今日、日本語教師の「就職対策講座」がまた始まった。と、ところがーっ!受講予定者の5人中一人しか来ず、「ええーっ!」の状態。 まぁ、なんと言うか、皆さん本当にプロになりたくて「日本語教師養成講座」に通っているんですかねぇ?!それともなん、なんでしょう? 事務の人からも、「受講生の方のモチベーションが入学後2〜3ヶ月で下がってくるのはなぜですか」という質問を受けた。 ●は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 18:48
ウェブリな毎日236
また新学期が始まる。 新しいクラス、新しい学生。 気分は上々。 新米の教師たちも「厳しすぎる?!」訓練(プロなんですから)に耐えて、まずまずのスタート! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/06 10:23
ウェブリな毎日234
卒業の月。HUMANACADEMYからまた新しい日本語教師の卵たちが卒業して行った。今度の受講生たちはチームワークが抜群で、実習のときのmodel studentからも、「先生と学生がコミュニケーションをとりながら学習するやり方で、たくさんのものを学んだ。大学でもこんな授業を受けたことがなかった」という言葉をもらった。これから巣立つ彼等、是非是非、日本語教師としてあちこちで活躍して欲しいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 10:30
ウェブリな毎日233
「日本語教師の資格」っていうのが、案外知られていない。 1.大学卒+420時間の日本語教師養成講座 2.日本語教育能力試験合格者 3.大学で日本語を420単位分学んだ者 以上が一般的に「日本語教師の資格」と言われている。 海外で働く場合は2.を持っていると有利らしいが、 国内の場合は「日本語教育振興協会」で認められているいわゆる「日本語教師」は 1.をクリアーしておくことが必須の条件。 大学卒でない人は、一応2.試験に合格するか、経験(2年ほど)を積むか、ということになる。 大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 15:19
ウェブリな毎日231
仕事を減らすことにした。理由は二つある。 ●働いている組織とのビジョン、スタンスが自分の方向性と合わないこと。 それに現在進行中の本を書き上げる時間が欲しいこと。 ●日本語教師の仕事、というのは「だれにでもできそう」で「だれにでもできない」仕事なのだ。これを養成する仕事をしているととてもよくわかる。 ●基礎的な日本語力(発音、イントーネーション、語彙力、文法的知識、言葉のセンスを含む)に加え、文化、社会、歴史、地理一般から、一般常識に到るまで、幅広い知識と教養がなければ本当の意味での「教... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/17 11:47
ウェブリな毎日230
わーい、久しぶりの休日、温泉に浸かって備長炭のマットでねましたぁ。なんとも気持ちがいい一日。明日からまた、張り切って行こう!って思うんだけどーぉ…。先日の「日本語教師就職対策講座」、な、なんと出席者がたったの一人でしたぁ。 ●「日本語教師」って職業をみんなはどんな風に思っているのかな?恐らくは「ノバ」とか「イーオン」の英語教師とダブったイメージなのかも。…で、海外に出かけて南の島かなんかで明るく「あ、い、う、え、お…」ってやってるイメージ?!そうなんですかねぇ。 ●日本語教師養成講座に来て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 17:08
ウェブリな毎日229
今日は雨の日曜日 「なんとなく」外を眺めていると、雪がちらちら降ってきた。雪を見ると子どもの頃のように、「つい」表に飛び出したくなるのは、私だけだろうか。 先日、学校で「なんとなく」と「つい」はどう違うのか話し合った。結果 ●「なんとなく」は『理由なく』、「つい」は『自覚がなく』ではないか、ということになった。 まぁ、まぁキリリッとした説明になってるかな? ●ところで写真のYさんが食べている物は韓国からのお土産「蚕の幼虫の佃煮」です。本人いわく「大好物」!Yさんは日本語がとびきりう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 14:06
ウェブリな毎日225
明日から日本語教師就職対策講座が始まる。前回、前々回の講座でいい結果を出したので、今回もかなり期待できそうだ。この講座の修了生から「就職した」との知らせを受けると「やったー!」って気持ちになる。わたしのやってることは、ただの入り口を指し示すことにしか過ぎないけれどそれを案外本人も望んでいるんだな、ってこの頃思う。うーん、頑張らなくっちゃ。新しい人生の後押しなんて、な、なんと大それたことを…!。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/18 21:31
ウェブリな毎日223
隣りの席の人が、肺炎になった。この肺炎は飛沫感染する種類らしい。そう言えば先週から「コンコン」と立て続けに咳してたっけ。●日本語教師が肺系の病気になったら相当にやばい!言葉を発することが職業のため、内なる菌は瞬く間に学生や教師にばらまかれる。私も菌にとりつかれたのだろうか。病院、病院、検査、検査! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/16 12:30
ウェブリな毎日222
最近電子辞書を使っての漢字教育を始めた。非漢字圏の学生にとって漢字学習は確かに難関だが、辞書の引き方さえ覚えればその難関もかなり楽なものになる。「漢字を知らなくても日本語が話せる」のは確かだが、漢字を知ることによって、そのコミュニケーション能力は非常に高まる。彼等が日本の新聞を辞書を頼りに読めるようになる日もそのうち来そうな予感! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/15 22:35
ウェブリな毎日219
本日は留学生のための「日本語能力試験」の日。みんながんばっただろうか。 ●「日本語能力試験」の受験は現在大学を受ける時に必要ではないため(外国人が日本の大学を受ける際はほとんどの大学が事前に「日本留学試験」を受けるように義務付けている)、以前ほど盛んではないが、留学生の会話以外の日本語能力を測定するのにはいいものだ。 ●1級のレベルに達した学生は日本語の新聞を一般の日本人と同じように普通に読みこなすことができるようになる。そこまで行くにはやはり総合で1600時間程度学習が必要となってくる。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/02 13:35
ウェブリな毎日218
最近気になっていることの一つに「人は自分自身をどう評価しているか」ということ。 ●「あなた〜〜がすごいですね」というと大抵「いえいえ…」とか「そんなことないですよ」(たぶん日本人とか中国人の反応)という。これは形だけの「謙遜」ととるべきなのか、本当に自分をそこまでと思っていないのか?まぁ、人によりけりだとは思うけど。それに褒めるほうもどこまでお世辞でどこまで本気かわからないので、言われた当人は、とりあえず「決まり文句」でかえしているのか…。 ●日本語の教師たちを眺めていると、このことが常に頭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/25 11:19
ウェブリな毎日217
北方謙三の「水滸伝」はムチャクチャおもしろい。壮大で豪快、そのスケールの大きさは日本人など全く寄せ付けない。また「散り際の美しさ」は日本人の代名詞なのかと思っていたら、いやいやこの小説に登場する豪傑たちの死に様は誠に潔く、一人死ぬたびに号泣してしまう。  これを読んでいると中国人の原点を見るようだ。この物語を通して、今の中国人の学生を見つめてみると、良きつけ悪しきにつけ、何だか納得してしまうところがたくさんある。それはまるで、戦国時代の日本人の武将にしばしば自分たちの感情を投影するのと似ている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 10:30
ウェブリな毎日216
「毎日毎日反省会しているのにちっとも反省しない人がいるんですけど…。」っていうメールが入ってきた。日本語学校で行う、授業後の「反省会」の話だ。 ●しかし、これは「すみません、私が悪うございましたぁっ!」って感じのものではなく単なる「フィードバック」(振り返り)の意味あいが強いものなのだ。 ●きょうの授業はどの辺がうまく行ったか、学生の反応はどうだったか、なんてことについて検証するのだ。…それでも、その場で私(上の者が)、授業のやり方について、いちいち口を出したりすると、「怒られている!」(確... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 18:57
ウェブリな毎日214
ウェブリな毎日213から再び時間が経った。…からといって、書く気がなかったわけではない。とにかく、とにかく事件の連続。少し時間ができたら、「日本語教師になる人へ」なんて題でアドバイス本を書くつもりだ。←いつになるかねぇ…。今までいろいろな人を「日本語教師」として日本語学校に紹介してきた。「日本語教師」の社会的地位の向上と、待遇面の改善、これにも常に対策を練ってきた。だからといって、それによって個人的な金銭利益を得たことなど一度もない。むしろ金銭的にはマイナスの方が多かったように思う。ところが最近... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/11 11:29
ウェブリな毎日213
わーい、久しぶりでーす。ほんとにいろいろありまして、ずーっとお休みでした。日本語学校、日本語教師は誠にドラマの中にいるような毎日です。先々週、先週と学生とのトラブル、新米教師のドタキャン続き、「はい、はい、よくあることで、珍しいことではありませーん!」しかーし!つかれまーす…。。写真は博多「御供所町ライトアップウォーク」の「承天寺」(山笠発祥の地)の庭なんですけどぉ…。幻想過ぎて何だか分かりませんねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/21 17:53
ウェブリな毎日210
今日は結構ウェブリで終わりました。朝からHUMANACADEMYの「就職対策講座」の原稿をまとめたり、「にほん語の教え方」について書いたりした。こんな生活が大好き。あーっ…、でも明日からまた出勤やーっ……。夕日がきれい!もう秋なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 19:13
ウェブリな毎日209
バングラデシュのシャハダットさんがお礼を言いに来た。新しいクラスになじめず困っている、という話だったので、クラスを変えた。その事について本当に嬉しそうに礼を言う。今度のクラスには中国人のリンさんがいる。授業中、漢字がわからず戸惑っているシャハダットさんに字を教えるのだそうだ。異文化コミュニケーションは教師と学生間で成立するだけのものではないことがわかった思い…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 22:05
ウェブリな毎日207
昨日からずっと家にこもって「日本語の教え方」の本を書いた。「にほんご」は誰にでも教えられると思う。ただし「語学の教え方」を学ばなければね。…でその方法を書いた。もうすぐ世に出すつもりだ。…どうだろう??「日本語教育の世界」はわたしの本を受け入れてくれるだろうか?「キャーッ、怖いーっ」(…なら出すなーっ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 18:52
ウェブリな毎日206
朝駅からタクシーに乗った。すごい雨。学校の前まで行くと、タクシーがタイヤの半分まで水に浸かった。学校の前の道は川になっている。雨が止んでしばらくすると水が引き始めた。学生が来る前に学校に入らなければ!職員は皆必死の覚悟で出勤ーーん。(少し待てばいいものを…、まじめなんだよねぇ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 10:05
ウェブリな毎日205
またまた、学校がはじまりましたぁ。今日は手始めに「項目整理」による試験でーす。みんななかなかの成績で!っと思いきや、期待はずれのでき!こんなんでは、12月の日本語能力試験の成績が思いやられます。がんばれーっ! 「先生、夏休みの間に日本語を忘れてしまって、今先生の日本語が20%ぐらいしかわかりません」…なーんて、しゃぁしゃぁと言うなぁ!今までの苦労が水の泡、泡…。今日の花はむくげ、花言葉は「あきらめ」(…じゃぁ、ないでしょうかぁ?だれか教えてぇ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/20 20:03
ウェブリな毎日204
楽しい夏休みも終わって、明日からまた授業が始まるのでーす。それはそれなりに楽しみではあるのだけれど、心はいまだに過去の人です。懐かしい思い出の写真とと共に、そろそろ2007年夏を封印しましょうかねぇ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/19 21:34
ウェブリな毎日203
はーい。お祭りでーす。右から二番目の段さんは歌上手、キロロの「未来へ」と中国の歌「英雄」を、地域の皆さんに披露しました。拍手かっさーい。わたしのケーキも完売でしたぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 23:47
ウェブリな毎日201
 相変わらずの暑さでがんすーぅ…っ。というところで、涼しげな夏の花。エノコロ草と教えてもらったけども…。目黒のおじいちゃーん!あってますかぁ?  来週からまた学校が始まる。日本語学校の夏休みはだいたい30日。その間に学生たちは必死でアルバイト。そのほとんどが学費稼ぎ。大学や専門学校へ進学するためだ。  大丸デパートの「四川料理」の店でうちの学校の学生がアルバイトをしているらしい。制服を着てたいそうにかわいらしいそうだ。見に行ってみるとするか! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 10:10
ウェブリな毎日200
 台湾のジョイスが帰国する。英国に8年留学し、日本に来て、日本語能力試験1級を取った。3ヶ国語を自由に話す。こういう人がいきいきと働ける職場がどんどん増えない限り、これからの日本経済の発展はないと思うんだけどなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 21:23
ウェブリな毎日195
田主丸に行った。お昼に豚シャブを食べ、吉井のステンドグラスの店でウサギの模様の箸置きを二つ買い、雑誌に度々取り上げられるという大変有名な骨董屋で錆びた小学生用文鎮(なぜか3200円也)に驚き、ワインと焼酎を試食して、お庭のブルーベリーを三粒いただき(つまり、これは泥棒です。すみませんでした…)、ぶどう園で巨峰を4房収穫し、1房サービスしてもらい(これは予想外でしたぁ、ありがとう)、帰りに筑紫平野が一望できるリッチな喫茶店で「水出しコーヒー」を堪能した。豊かな豊かな一日。満足、満足、大満足…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/11 10:01
ウェブリな毎日192
●韓国からユンさんがやってきた。それに合わせて千葉に就職しているイさんも福岡に来た。二人とも5年前にゴールデンイーグル国際外語学院で教えた学生だ。「先生、ちっとも変わりませんねぇ」と言ってくれる。変わらないはずはないけれど…。 ●5年前彼女たちとお別れパーティーを家で開いたときに持ってきてくれた、小さな「コーヒーの木」が今は1メールトルくらいになって、大きな緑の葉をつけている。月日のたつのは夢のよう。 ●「先生、私たちはもう、社会人です」と言ったイさんのことばが頼もしくもあり、うれしくもあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 09:52
ウェブリな毎日191
今日も雨。おまけに台風までやってきてせっかくの連休もだいなしでしょう…。でもその代わり、小説を読み漁っている。宮部みゆき推薦の「松本清張短編集」。清張の知識は半端じゃない。だからちょっとした短編を読んでも、内容が濃い。小説の中に出てくる書道についての話題、詩歌の知識、茶道、御茶屋、新聞の広告、着付け、美術。小説そのものはフィクションであっても、その描かれている世界は全て本物なのだ。小説を読みながら、同時にその世界について多くの知識を得ることができる。外は相変わらず雨、雨、雨。私は読書、読書、読書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/15 18:47
ウェブリな毎日183
●写真の右はインド人のスミさん。日本語学校を卒業して、ワーキングビザを取った。左は日本語教師の卵。 ●今日はちっともウェブリな気分になれないことあり!だからさわやかな二人の写真を眺めながら、心の中を清めよう。はーい、私は今、理由もなく人の足を引っ張る人間に対して怒り狂ってる最中なのであります。(くくくーっ!...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/02 20:00
ウェブリな毎日182
「学生が私の授業を褒めてくれました」反省会の時にシャーシャーという人がいて驚いた。 ●日本語学校のクラスは大抵チームティーチングと決まっている。同じところを教えていて、「私の事を褒めてくれました」と言えば、いっしょにやってる他の教師の立つ瀬がない。「わかって言ってんのかー!」と思ったが、ぐっと我慢して言わなかった。言わなかったためにずーっと頭にこびりついている。やっぱりあの時いうべきだった。 ●自慢して自己満足は得られたかもしれない。ただ一緒にやってる人たちとこれからうまくやっていけるのだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/27 22:15
ウェブリな毎日180
わーい、180日書きましたーっ。…っということは?…「日本語教師をやめようかなぁっ」…っと思いつつこのブログを書き始めたわけだから、再起して、もう1年近く頑張ってるわけで、えら過ぎ?!(はい、はいっ、また自己満足でがんすス)私のような精神的タフ人間でもやめたいなぁっと思ってしまうときがあるんだから、きっとこの業界からの転職率は高い方なんかもしれませんねぇ。ほとんどの学校が職員2−3名の零細企業ですから、仕方ないとしても、そこに働く人はかなり優秀な人間がそろってるんです。(もちろん先ほどから自慢し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/20 09:48
ウェブリな毎日174
日本語学校にとって、地域のつながり、住民とのコミュニケーションは大切なものだ。今日は国際交流会の会長が「学生のために」と大根、セロリ、レタス・・・などかごいっぱいもってきてくれた。みずみずしーっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/18 11:31
ウェブリな毎日173
学年の最後に「学習発表会」なるものを催す。一年間学習したことを踏まえて、初級は「みんなの日本語」のスキット集、中級は「ニューアプローチ」、上級は「上級で学ぶ日本語」の中から、テーマを選んで創作劇を行う。写真は「健康ブーム」をテーマにした寸劇。「手を伸ばして」「ひじをまげずに〜」。習った文法と語彙をふんだんに使って、「すごい、すばらしい」の賛辞を浴びた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/04 17:14
ウェブリな毎日172
●日本語学校も3月の卒業式で一段落つく。この一年は結構ハードなスケジュール。朝五時起きの毎日。ほぼ半年で、ニューアプローチ、上級で学ぶ、みんなの日本語、新文化初級の語彙プリント、文法プリント、会話プリント、テストなど、毎日作り続けた。ティームティーチングの際の共通プリントだ。その結果自分の目はかなりの打撃を受けたけれども、授業の効果は目に見えてあがった。●先週これらのプリントがほぼ完了し、一人で祝杯をあげる。あーっ!疲れたーっ。もう、そろそろ引き時か?(何かが終わったらもう次のものへ気が移ってし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/25 21:35
ウェブリな毎日165
12月20日(水)学校で「年末会」をする。各クラスで「歌のパフォーマンス」や「ゲーム」などをして楽しんだ。「童心に還る」。「童心に還って遊ぶことができる」。それは文化の高さだと思う。中国人の学生、インド人、ヨーロッパから来た学生たちの「祭り」に対する行動を観察しているとそれが本当に良く見えてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 23:39
ウェブリな毎日162
わーい、クリスマスだーぁ。ってな具合で学校にツリーを飾りましたぁ。で、20日は学生とクリスマス会をして楽しみまーす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 21:10
学生と大喧嘩
始終遅刻する、授業中に携帯電話がなる、報告せずに途中早退する、車で学校に来て、不法駐車する。こんな身勝手な学生に「『始末書』を書きなさい!」と注意したら、その始末書に「I'm sorry. I will never do it]と紙一面に殴り書きした。 更に注意するとその始末書をグシャグシャにして、立ち去った。 ●この学生は私が赴任する以前からいる学生だ。全てが新しくなり制度も変わったことに不満があったらしい。ただ、新しい制度であろうと、古い制度であろうと、遅刻したり、授業中に教師に無届けで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/02 11:26
ウェブリな毎日158
来月からHUMANACADEMYで「日本語教師就職対策講座」が始まる。●日本語教師養成講座で420時間学習した人が、日本語学校に応募したことを想定した訓練だ。実際に日本語学校で面接試験を行うと、なんともあきれた教案や模擬授業が目立つ。●ほんとにこんなやり方で日本語を教えられるんですか???という疑問符だらけの教案、模擬授業がほとんどだ。日本語教師養成講座で基礎知識を学んだ後は、もっと実践向けの知識と技術を研究してから受験して欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 10:26
ウェブリな毎日156
ブログ小説「老鼠愛大米」の原稿を「あなたの本出しませんか」の文芸社に送った。すると、編集部で検討した結果、全国の書店の店頭に置く本として来年出版したいという返事がきた。 ●ただし、初版1000部は自費出版ということだ。今流行の電子本もつけると280万円ほどの金額を出さなければならない。●まぁ、なんで「老鼠愛大米」を書いたかといえば、世の人に「日本語学校」「就学生」というものを知ってもらいたい、と思ったのがそのきっかけだ。●だから、本を出したい。「老鼠愛大米」の現実を知ってもらいたい。(更にあわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/23 18:35
ウェブリな毎日155
学校でスポーツ大会があった。種目はビーチバレー、バスケット、綱引きだ。バレーボールはしたことのない学生が多く、サーブが入らない。サーブ権が移動するだけで点数が入っていく。あんまりつまらないのでコート内からサーブしていいことになった。●やっと少しうまく運ぶようになったところで、今度は相手チームにメンバーでない人間が混じっているという騒ぎになる。もう一度メンバーチェックして再開。しばらくするとチームの構成が悪すぎるという文句が出てゲームが中断。●もめにもめて再開。かなり疲れてきた。●バスケットの方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/18 20:24
ウェブリな毎日154
最近「日本語教師」という職業はどういうところに位置づけられるのだろうか、と考えることがよくある。日本語教師は学生から「先生」と呼ばれるために学校の先生と勘違いしている人が多いのではないのかと思う。●「先生」と呼ばれる人はそれなりに「先生」であるわけで、人に何かを教える以上、人よりも何かに優れている必要がある。また人に教えるほどの何かを獲得した人は、それなりの才能や、努力をしている人であるため、学生から尊敬を得ることになる。●さて、そうなると「日本語教師」というのは何なのだろう。●だれもが話せる日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 16:26
ウェブリな毎日152
久しぶりの雨。今日の午後は一日スポーツ大会の話し合いをする。バレーボール、バスケットボール、そして綱引きだ。インド組みはバレーボールのルールも知らない。「あのークリケットをやりたいんですけど…」「はぁ??クリケット???」。クリケットはイギリス植民地時代の名残か。ITで世界進出を果たしたインド!これからはもっと多くの人とコミュニケーションをとるために、バレーボールくらいは覚えたほうがいいんじゃないのかなーぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 22:34
ウェブリな毎日151
11月3日と4日はNPO-FANの事務所で、「日本語教師ボランティア派遣」の研修会をした今回は中国大連市だ。このプロジェクトはかなりいい成果をあげている。●旅費と3ヶ月分の滞在費を払えば、現地で生活費分の給料が支給されるため、安価で短期間に研修を積むことができる。すでに5人を派遣している。いずれもNPO-FANと契約をしている日本語教育機関のため信用もあり安全だ。●今回派遣するのはHUMAN小倉校を卒業した人だ。がんばれ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/05 08:56
ウェブリな毎日148
なーんて、ウェブリな毎日じゃーぁないんですね。この2−3日!思わぬところからのバッシングにあって、結構へこんでいます。日ごろ自信過剰なんで、たまのバッシングも私をたたきなおす試練と思い受けましょう……。あぁ…。それにしても、うまく行かない時ってやる気も出ませんねぇ。しばらく冬眠でもしたいなぁ。そーなんです。わたくし、変温動物なんです。夏は脱皮したくなるほど暑がりで、冬はあまりの寒さに体が冬眠状態です。毎朝5時起きの生活も相当いやになったし(最初は確かに新鮮だったけど、最近は出かけるときはまだ暗く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/30 23:48
ウェブリな毎日146
日本語教師海外ボランティア派遣がまた一人決まった。この制度を利用すると、安全でしかも短期間で確実に実習経験がつめるため、評判は高い。海外で仕事をしたい人は一度この制度を利用してはどうだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/29 21:22
ウェブリな毎日145
日本語教師をしているとよく耳にする言葉がある。「あの人はできないから…」「あのクラスはダメだから」。そう聞く度に思う。「誰のせい?」●語学のクラスは数学や物理のクラスとは違う。人は皆、言葉を話すことができる。言葉を話す能力を持っている人は、必ず他の言語も話すことができるようになる。もしそれができないとしたら…。●それはほとんどの場合、教える側に問題があるのだと思う。●ただいろいろと策を講じても、日本語が全く覚えられない人もいる。その人はその人が話す母国語自体にも問題があることがわかる。●だから、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/28 12:32
ウェブリな毎日143
今日は久しぶりにうちにいる。といっても朝から、「上級で学ぶ」と「ニューアプローチ」のプラン見直しに没頭する。少し休んでから「みんなの日本語」の研究をやった。なーんでこんなにいろいろやるのか自分でもあきれてしまう。性分なのだ、きっと。前にやったことをなぜか見直したくなる。もっといい方法があるのではないかと思ってしまう。改悪か、改善か、それは学期が終わって結果を見なければわからないのだが…。だれか私をとめてくれ〜っ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 20:10
ウェブリな毎日142
「職業に貴賎はない」という言葉がある。本当だろうか? 中国人の学生が中洲でアルバイトをしていて、学校から強制送還されそうになった。 ●「飲み屋のママ」をしている親戚のお姐さんが横浜から妹を迎えに来た。ママ姐さんは、妹のために保証金を払うから、即退学措置をとってほしい、と学校側に要求する。 ●東京の専門学校にいれ就学生ビザを留学生ビザに切り替えるという。しかもその日のうちにそうするのだという。「そんなことはできないでしょう!」というと、「できるんです!」と自信満々。 ●わざわざ東京から、な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 12:05
ウェブリな毎日140
学校にスウェーデン人3人が入校した。まるでyoung ビートルズ!南のインドと北欧のスウェーデン、東南のバングラデシュ、東の中国、何だかわくわくしてきましたぁ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/14 14:05
ウェブリな毎日137
インド人の学生はおもしろいと言えば、おもしろい。腹が立つといえば、これまた腹が立つ。異文化コミュニケーションも大変だ。ことの始まりはクラス分け。●去年の10月に来た学生と今年4月に来た学生を一緒のクラスにしたところ、去年の10月生が怒った。どうしても上級のクラスで授業を受けたいという。”じゃぁ…どうぞ”というと、うれしそうに上級2組のクラスで見学としゃれ込む。まさしく見学なのだ。だって、文字・語彙の授業を腕組みして聞いているんですから。…で、どうだった?と聞くと”Great!”と英語で答えた。●... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 22:11
ウェブリな毎日136
月曜日から後期の授業が始まる。それにともなって新しい授業方法にもチャレンジすることになった。 ●特に「みんなの日本語」Uに関する教え方の改善だ。Uになるとただ「文法項目」を追う教え方になっていないだろうか。練習Bをひたすら読むような授業になっているところも少なくないに違いない。 ●世間では「もっとコミュニカティブに!」と言われながらその考え方に逆行するような授業があちこちで行われているのではないか。 ●ということで、できるだけ会話中心の授業ができるように、スケジュールを組み立てなおした。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 16:23
ウェブリな毎日134
ある日本語学校の掲示板に成績表が貼ってあった。成績表はリボンで縁取られていた。そして添え書きに「ビリになりたくないよね!」って書いてあった。ありえないでしょう!!こんな表現!書いたのは本当に日本語教師なのでしょうか。だって全員の成績を貼り出したら、必ずビリはいるはずで、たとえ東大の試験だって、やっぱりビリはいるんです!これじゃ、ビリになった人は「張り付けの刑」にされたも同然でしょう。こんな事を書く人は日本語教師以前に人間として失格なのだと思う。試験をするのなら「どれくらいできるようになったか、ど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/24 21:23
ウェブリな毎日133
今日は一日中パソコンに向かって、新学期のスケジュールを組んでいた。だれがどこをどう教えるか、月曜日から金曜日の時間割に、ジグソーパズルのように、はめ込んでいく。毎度のことなのだが、これが結構手間取る。各教師が自分の働ける時間帯を指定してくるからだ。木曜日ばかり重なったり、金曜日働ける人が全然いなかったり。そしてどのレベルにどの教師を当てるかもかなり神経を使う。この仕事まとめて請け負ってもかなりの商売になりそうなんだけど…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/18 23:16
ウェブリな毎日132
台風が近づいている。で、今日はHUMANの日本語教育能力試験対策講座が中止になった。 小倉で授業をする予定だった。休みになってほっとする。で、メールをチェックしていると、「日本語教師派遣」の依頼だ。最近は結構この手の依頼が多い。ただ中国へ派遣するのはかなり難しい。NPO-FANの「有償ボランティア制度」を利用する人はかなりいるのだが、普通に就職となると二の足を踏む人が多い。恐らくは給料が安いことが原因だと思う。本当にいい教師が欲しいのなら「お金を使いなさい」と募集先に言いたくなる程、ほんとケチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/17 17:06
ウェブリな毎日130
新任教師と学生が言い争っている。学生は「なんのかんの」と屁理屈を並べ立て、その場を言い逃れようとする。教師は毅然とした態度で学生を諭す。●「理にかなったもの」であれば絶対にひいてはいけない。「日本人の考える常識」を教えておかなければ、日本の中では生きていけないからだ。その事を教えるのも日本語教師の役割の一つだと思う。 ●日本人はnegotiation(交渉)が下手。こんなときズルズルと後退するのが常だ。しかし彼は一歩も引かずに堂々と渡り合った。すごいと思う。彼のような異文化コミュニケーションが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/12 23:25
ウェブリな毎日126
遼寧省瀋陽市にいる。この町には、英数学館国際言語学院で教えた学生が大勢いる。最初からすると、17年だ。学生がその頃の思い出を話す。駆け出しの教師の私がその話の中に蘇る。いろいろ、いろいろあったけど、やっぱりこの仕事はおもしろい。写真は瀋陽故宮跡。乾隆帝が1621年から一族を引き連れてほんの数年滞在したときに造られた壮大な屋敷だ。中国はどんなことでも、やる事がでかい。大きくなければ意味がない国なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/08/24 08:21
ウェブりな毎日121
只今中国の鞍山師範大学で「日本語教授法」のセミナーを実施中。学生は9月からこの大学で日本語教育を行う教師達。みんな優秀で授業もうまく行っている。中国で教える場合、媒介言語を使って教えることが普通なので、日本語を日本語で教える教授法はみんなにとって、 なじみのないものだそうで、大変興味を持って受講してくれる。私の教える教授法が、少しでも参考になれば、と思う。大学では大変に歓迎されて、門のところと、さらに、校舎の前とに横断幕を貼ってもらったが、そこまで!というおおげさなもの。写真はちょっと恥ずかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 19:52
ウェブリな毎日118
学校に地域の商工会議所から浴衣の差し入れ。お祭りに着てほしいとのこと、女物なのに男の劉さんにも試着させてパチリ!おーっ、似合ってます〜ぅ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/12 18:53
ウェブリな毎日116
先ほどバングラデシュのイスラムさんから電話が入った。来日してまだ3ヶ月足らず、・・・なのに電話で楽しくおしゃべりをするレベル!きちんと教育すれば、結果がついてくる。これからどこまで伸びるか楽しみだ。課題は4月から始めた「漢字Study in English」。非漢字圏の学生のみ、毎日30分の漢字授業を行っている。これがうまく行けば、漢字圏の学生と同じクラス、同じ進路で進んでいけるのだが…。うーん、かなり厳しい…。まーぁ、そんなに期待する方がまちがってはいるのだけれど。がんばれ イスラムさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 23:40
ウェブリな毎日114
今日は北九州で「中上級の実習」を教えてきた。土・日のコースなので、元来、「怠け者」の私にはかなりきつい。ただ、このコースの学生たちの素質は実にいいものがあり、毎回の伸び率を見ると元気100倍になる。●教材は長沼新現代日本語Vの「折々の記」。この教科書は、使用数からいえば、かなりマイナーな教科書だが、実習教材としては実に優れものだ。マニュアルもなく、語彙も、文法も拾ってないのがとてもいい。学生は一から授業を組み立てていく訓練を強いられる。これが後に実際の授業を担当していく際に大いに役立つはずなのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/23 19:25
ウェブリな毎日109
●ウェブリな毎日108で紹介した、チャンク(塊)を効果的に利用するためのコツ、といえば「量」だ。多すぎても少なすぎてもまずい。ウォーミングUPで使うならば、5つまで。●例えば授業本番に「ベトベト」という語が出てきたら、「サラサラ」「ザラザラ」「ヌルヌル」「フワフワ」などの感触をまとめて教えるとおもしろい。ウォーミングUPでやると、●本番で「ベトベト」が出てきたときに後の4つがフラッシュバックのように思い出される。●この五つを教えるときも適切な例文を使って、なるべくさらりと教えること。重たすぎると... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/09 16:27
ウェブリな毎日108
●自分の本を宣伝するのもなんだけど、「語彙力ぐんぐん一日10分」のテキストを紹介したい。 ●この本は、中上級の授業のウォーミングUP用のテキストで言葉を記憶する方法」としてもっとも効果的な「チャンク(塊)」という考え方をふんだんに使ったテキストだ。 ●これを授業本番で出てくる内容に引っ掛けて、初めにウォーミングUPとして使うと生き生きとした内容の授業が展開できるようになる。是非試してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/08 15:17
ウェブリな毎日105
日本語学校というところは、「異文化コミュニケーション」の海の中にいるようなもので、毎日がドラマの連続。そのドラマの流れについていけるかいけないかでこの職業を続けられるか、続けられないかが決まると言ってもいい。…わたしもこのドラマに翻弄されながらここまで乗り切って来た。しかし、今の学校は事件が多すぎる。日本語学校で起こる数々の事件に慣れているはずのわたしも少々疲れてきた。うーん、そろそろ休みたーい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/02 19:46
ウェブリな毎日104
このところ日本語学校の学生指導の問題でかなり悩んでいる。日本人と外国人の考え方の違い、今まで育ってきた環境の違い。また現場が「日本語教育」という場であることから来る問題。やはり、異文化コミュニケーションのまずさから起こる問題に翻弄されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/24 13:46
ウェブリな毎日101
漢字Study in Englishのクラスで、授業をしていたら、バングラデシュのカノンさんに「先生、ハンサムできれいです」とお世辞(?に決まってる(~o~))を言われた。すかさず「ハンサム」は「男の人に言います」。「きれい」は「女の人に言います」と注意。「でも、ありがとう」と付け加える。 なんで、先に「ありがとう、でもハンサムはね・・・・」という順序で言えないのかなぁ。・・・反省!・・・。こんなときはまずコミュニケーションをとろうとしたカノンさんに敬意を表すべきでしょう。日ごろから「言葉を道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 12:57
ウェブリな毎日99
”I'm not your mother!"いろいろ大変だ。今日はまた別のインド人から、「あなた私と病院へ行きます」と言われてしまった。「日本語もできるし、英語もできる。どうしても心配なら事務の人と行きなさい。」と言うと、「じゃ、もういいです。」と言う。「で、どこが悪いの?」と訊くと"No,problem."・・・それなら、わざわざ何で私を病院へ誘う?デートの誘いにしちゃぁ、妙な場所じゃありませんか?・・・で、冒頭の"I'm not your mother!"となった。うーん、何の病気か気になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 19:22
ウェブリな毎日98
新しい学校でインド人のESCAPEが起きた。二人のインド人が大阪へ。学校では一時学生全員のパスポートを預かることになったが、そこからまた問題が。日本の入管制度はまことに変。逃亡者が出たら学校の責任。学校側に責任を押し付る。でもパスポートを預かるのは人権侵害。学校はいつ学生が逃亡するのかおびえながら授業をする。矛盾だらけの政策だ。やっぱりどこの学校でも様々な問題がおこる。もういい加減にイヤになってま〜〜〜す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/06 23:09
ウェブリな毎日91
「内省」しない人は教師という職業に就くべきではないと思う。人に教える人は人から教えられることが極端に少なくなる。そうなると自分を伸ばすためにはひたすら「内省」すべし。これを怠ると高慢ちきで中身がなく、偉そうなことばかりいうどこかの誰かさんのようになること間違いなし。あれーっ?私と思ってる?違いますけど! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 23:57
ウェブリな毎日89
今日は学校に行かなかった。休みなのだ。私だけ。水曜日に休みなのはいい。月、火行って 水曜日にリフレッシュして、また木、金耐えて土・日にリフレッシュ。「耐える」ってそんなに大変なのかぁ?っというとそうでもない。ただ働く場所が田舎過ぎて、住民も働いてる人も(私の職場の人がこれ見たら怒るかも)すごく田舎の人の感じ・・・。ずーっといたら「島流しの刑」にあっているような気分。職場のみんなの行動が私には異文化なことばかり。これはーっ、大丈夫なんでしょうかぁ。長続きするかなぁ???ちょっと不安の心。贅沢言う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/17 22:29
ウェブリな毎日87
 ニューアプローチはいい教科書だ。しかし使う人(教える人)がうまく教えなければ、なんともつまらない教科書に色あせてしまう。どの教科書でも同じことがいえるのだが、特にこの教科書はそうだ。「名刀」は「剣の達人」が使ってこそ「名刀」のすごさを発揮するのだろう。バイオリンの名器中の名器「ストラディバリ」もへたくそがひいたらただの楽器と区別がつかないだろう。 まーぁ、そこまでニューアプローチを褒めちぎる必要はないのだが(私が著者でもないのだから)やはりいい教科書にはそれなりの技術をもった先生が教える必要が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 22:30
ウェブリな毎日86
午前中は事務所でニューアプローチの講習会をする。午後はGE日本語学校の卒業生のうちで食事。やはり彼らと話すのは最高に楽しい。自分の教えた学生がそれぞれに羽ばたいて、人としても間違いなく成長していくのを見ると「やったーっ」と思う。もちろん自分の力だけではないのだが、人を育てる一翼を担った気分になれる。こんな喜びがあるからこそ日本語教師を続けられるというものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 22:10
ウェブリな毎日85
日本語の先生はよく学生を子ども扱いしたような話し方をする。いい大人を相手に 「遅刻!」「なんでそんなに遅れる?」「今何時?」「学校はいつ始まるの?」などと大声でしかったりする。ところが叱られた方は先生は何を興奮しているのかちっとも分からない様子だ。 当然だと思う。まだ初級を習い始めたばかりの学生に、こんな回りくどい言い方をしてもわからない。 「●●さん、学校は8時半に始まります。あなたは8時40分に来ました。明日から8時半に来てください。」これくらいなら4課ぐらいまでに勉強した項目(〜くだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/10 23:15
ウェブリな毎日84
早い!明日からまた仕事再開。夜はHUMANACADEMYの教授法も始まる。ここでは今までの実習に加え「文法の授業」を中心にした実習を新しく企画している。これはおもしろい。教授法の実習だけで、そのままプロとしてやっていけるかと言えば、うーん??疑問符が5つぐらい並びそうだった。もしこの企画が始まれば新米、ベテランを問わず受けてみる価値があると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 11:54
ウェブリな毎日77
HUMANACADEMYで教えた学生が偶然にも現在勤めている日本語学校に応募してきた。この業界は狭い。いろんな人が何らかの形でつながっている。NPO-FANのHPで連載中の"老鼠愛大米”の中に出てくる人物はみんな実在の人物とオーバーラップしてしまう。あれは小説なので誇張されているのだと思う人がいるかもしれないが、日本語学校で起こる事件の数々と描かれている人物像はかなり本物に近い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/30 13:47
ウェブリな毎日76
インド・バングラデシュの学生たちと交わるようになってから、私の興味は東南アジアへと限りになく増殖している。昨日のビール工場見学で、学校から弁当を出した。イスラム系の人たちは豚肉を食べてはいけないので、ベジタリアン用のおかずにした。ところが、「これじゃー」と店の人が思ったのか、ソーセージを一つ入れてくれた。これが「小さな親切、大きなお世話」となった。ソーセージは豚製ではないか!「なら、ソーセージをはずして食べたら?」というと、「いっしょにパックした時点でもうダメだ」、という。インド系の学生には最初... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 11:03
ウェブリナ毎日75
日本語学校から麒麟ビール工場へ見学。イスラムの人はアルコールがだめだとかで、試飲はジュース。これじゃー??と思うが仕方がない。つい「かわいそうですねぇ」と言ってしまい「なんでですか?」と逆にすごまれてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/28 14:05
ウェブリな毎日70
今日は土曜日、久しぶりの休日!なのにまた雨なんですぅ。それでも芦屋に魚を食べに行く。 魚といえば、日本人は魚を食べ、醤油を好むため、西洋人に言わせれば「ナンプラー」のような匂いがするそうだ。最近インド、バングラディシュの人といっしょになる機会が多いが、やはり彼らも日本人とは違う、強烈なにおいがする。これは何か香を炊いたような独特のにおいで、恐らくは香水かなにかつけているせいだろう。中国人の学生はこれを嫌って横に座るのをいやがる。彼らの方はいつもにんにくのにおいがするというのに!インドの人たちは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/15 11:47
ウェブリな毎日69
今日はインドの仲介業者Mohan氏と話し合い。去年10月から来ているインドの学生たちが、「みんなの日本語」の進度が速いとぼやいている、とか。じゃ、自宅学習時間はぞれぐらいとれるのか、と聞くと「Oh、No!」午後に私が時間をとって別に教えるが、可能か?と言えば、「どうだろう?アルバイトもあるし・・・」などと、のらりくらりかわす。これがインド流なのか???結局「ご意見は伺っておきます」といって会談を打ち切った。あぁ、しんど。。。! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/15 00:28
ウェブリな毎日68
今日は入学式。インドからの学生が3人、2人は民族衣装でやってきた。まことにあでやかで美しい。蘭の花が咲いたような趣き。まだ日本語がわからないので、英語で指示すると、”Yes,MOM"とか”Yes,Modamとか答えるので、”Mom,Modam”は”不要ですよ。”と言うと、”Yes,teacher"という返事・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/12 22:57
ウェブリな毎日67
バングラデシュのハッサンさんとセシルさんが私のところにやってきた。私たちは学校の寮に5人で住んでいるが、冷蔵庫が小さくて困る、というのだ。聞くところによると、イスラム教徒はイスラム人が殺した肉でなければ食べないのだという。そのため、東京にあるイスラム人のための牛肉店から冷凍の肉を仕入れているのだという。なんとも、なんとも変わっている。そしておもしろい。知らないことに出会うともう、夢中になってしまう。ここしばらくはイスラムの世界に相当浸ってしまいそうな予感! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/11 22:16
ウェブリな毎日65
今日は恩師である上尾先生の80歳の誕生日。先生にお祝いの電話を入れる。午後英数学館国際言語学院の立ち上げのときからいっしょだった、Y先生の病気完治祝いをする。っといってもこちらがごちそうになってしまったのだ。本屋「金文堂」が最初に店をだしたのが久留米だそうで、今はその本屋を改造して、「茶の華庵」というレストランにしている。そこで、「春の献立」を楽しむ。ぜいたく、ぜいたく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 23:08
ウェブリな毎日62
新しい学校が始まって2日目。インド人のワカールさんと話した。彼は学校に対していろいろと不満があったらしい。私とカウンセリングをした後、”You came here too late.”と言った。自分の都合のいいように翻訳すると「あなたがもっと早くこの学校に来てくれていたらどんなによかっただろう!」ってことか・・・。わたしにとっては最高級の賛辞。後でがっかりされないようにがんばらねば! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/04 19:36
ウェブリな毎日57
来週からいよいよ新しい学校で授業が始まるのだ!新しい、ということは大変だけれども楽しい。みんな始めて顔合わせする人ばかりなので、少し緊張気味に仕事をする。それがまた、けっこういい。下準備はほぼ完了!いざ、いざぁ!(~o~) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/30 18:49
ウェブリな毎日55
最近毎日朝が早い。もうearly birdも限界かも・・・。まじめにがんばるつもりが3日でダウン。3日坊主ってよく言ったものだなーぁっと思う。ふと気がつくともう桜は満開!これだから就職するのはイヤだ。なーんて贅沢をいってたらバチがあたるかもしれない。何しろ、日本語教師は就職難。今年の福岡はまぁまぁだったようだけれど、それでも専任になるのはかなり難しい。日本語教師養成講座で教えている身としては、なーんとか教師の仕事の確保を!と思うのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/29 08:05
ウェブリな毎日54
ブログ小説「老鼠愛大米」が始まった。日本語学校を内から描いた内容。作者ぁ?それは内緒!登場人物のモデルになった人はだれか?思い当たる人がいるかも・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 21:54
ウェブリな毎日53
明日から日本語学校教師生活再開!語学を教えるシステム作りはもう完成した。主任の仕事は野球の監督に似ている。どんな世界にも”イチロー”のような名プレーヤーなんて、数えるほどしかいない。となれば、学校に集まった教師群をいかにうまく動かすかによって、学校の質が良くなるか、悪くなるかが変わって来る。その際の大事な要素は、スケジュールの整備、教え方の統一だ。しかし私が知っている限りにおいては、この機能的なスケジュールを組める主任がほとんどいない。新米教師の訓練より、ベテランの主任級を再教育したほうがいいの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 10:18
ウェブリな毎日51
日本語学校から日本語関係の資料や本をダンボール30箱も寄贈してもらった。テスト類・宿題プリントなどいっぱいあって、外の人からは単なるゴミに過ぎないものも、私にとっては宝の山!!キラキラキラキラ光って、まるでアラジンが洞窟に入ったときの気分。もーっ、今まで生きてきて、5番目ぐらいにうれしいでーす。ありがとう!ありがとう!って何度も頭を下げながら、一人で部屋中を踊りまわった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 19:05
ウェブリな毎日48
3月14日九州英数学舘国際言語学院の顧問である、上尾先生の傘寿の会があった。集まったのは国際言語学院の立ち上げを、先生と共に行った人々。こうして集まると錚錚たるメンバー。今の日本語学校の原点がここに集まっているような気がした。確かに原点はここにある。しかし今の日本語学校は原点に立ち返る、という発想は皆無。昔は”良かった”式の回顧主義ではなく、せめていいものを残しながらの未来であった欲しいとは思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/15 08:07

トップへ | みんなの「日本語学校」ブログ

日本語でコミュニケーション 日本語学校のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]