ウェブリな毎日231

仕事を減らすことにした。理由は二つある。
●働いている組織とのビジョン、スタンスが自分の方向性と合わないこと。
それに現在進行中の本を書き上げる時間が欲しいこと。
●日本語教師の仕事、というのは「だれにでもできそう」で「だれにでもできない」仕事なのだ。これを養成する仕事をしているととてもよくわかる。
●基礎的な日本語力(発音、イントーネーション、語彙力、文法的知識、言葉のセンスを含む)に加え、文化、社会、歴史、地理一般から、一般常識に到るまで、幅広い知識と教養がなければ本当の意味での「教師」は勤まらない。
●更に、相手が外国人であるために、異文化、同文化コミュニケーションが下手な人間はまず、失格。
●また、その人自身に語学的センスがない人はこれまた無理。
これだけ並べてみると、これら様々な要素を同時に兼ね備えている人はまれだと言うことが分かってくる。
…で、どれか一つでも得意なことがある人たちが多数集って一つのグループを作り、教えていくとくシステムが一番いいように思う。
●ところが、私が所属しているH学院のスタンスがはっきりしない。また、修了生にどんな方向に進んでもらいたいのか、という学院自体のビジョンが感じられない。

と、いうわけで、こういった疑問を持った私だけが「何だか一人浮いてきましたぁ…」
少しお休みをして、肩の力を抜いたら、またもう一度現場でやれるかも…。(あるいは、もう、やらないかも…)
画像

この記事へのコメント

キヨシ
2008年02月18日 16:01
先生には何もアドバイスできる小生では有りませんが
  ・・・・・ Going My Way を望んでいます。
   ただ ご自身がそれで良ければ・・・。