ウェブリな毎日242

■瀋陽の街で中国茶を淹れてもらう。
  「留学センター 福岡」の立ち上げで中国第3の町瀋陽に行った。
  古い茶館に入り、「プーアール茶」を淹れてもらう。ゆったりとした気分で心行くまでお茶を味わった。
  彼女は「瀋陽大学」で4年間 茶道を学んだそうだ。奥が深く美しい!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

m.inamasu
2008年06月01日 02:35
「留学センター 福岡」の立ち上げで中国に行かれたのですね!
おつかれさまでした。