ウェブリな毎日325

「外来語表記」の本、作成が大詰めにきている。本の題名を決めたり、CDの吹き込みをする人と打ち合わせをしたり、イラストをお願いしたり、と編集者は大忙しのようだ。(私は原稿を出すだけだから、、、。)
●それにしても本作りって大変なんだ!って改めて思う。本を出すことが決まってからというもの、何度も何度も見直し、考え直し、書き直しが行われて、私のオリジナルとは似ても似つかぬものへと変貌している。もちろんそうでなければ「売れない」わけで、当たり前といえば当たり前なんだけれど、、、。何と言うか、、、。野に咲く花がなんとも美しいので、部屋の中でも育てられるように改良しました、、、みたいな。うーん。誰にも見られずそっと咲いていたものを、わざわざ取り上げてもらって本にまでしていただくのに、あんまり勝手な事を言うときっとバチが当たると思うけれど…。
画像

この記事へのコメント