これからは自分らしく生きようと思います。

最近気がついたことがある。「人が何かをする時に二つのタイプがある」ということ。
これを料理に例えると
タイプ1:レシピ通りに作る人。
タイプ2:レシピを見て、これを食べる人に思いを馳せてしまう人。

★タイプ1の人は、「レシピに書いてある材料や調味料をどう調達するか、それをいかにレシピどおりに作るか」に心を奪われ、頭を使う。
☆タイプ2の人は、「レシピに書いてある材料や調味料を見ながら、自分が作った料理をおいしそうに食べている人のことを作る前から想像している。

◆出来上がった料理は同じものであっても、その過程は全く別のものだ。
どちらかというとタイプ1の人間が作った料理の方が手際よく、垢ぬけていて、一般向けしそうな気がする。

ただ、それってだれが作っても同じじゃん!とタイプ2の私は思う。万人向けの料理、誰でも作れる料理なんかしたくない。「私だけにしか作れない、私が作った料理で人を喜ばせたい」と、例えできなくても、あがいてる人(私を含めて)そんな人が私は好き。

画像

この記事へのコメント