日本語でコミュニケーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 「にほん語」ペラペラなのに「日本語」を教えられない???

<<   作成日時 : 2018/08/05 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「日本語教師」になって、日本語学校のような「日本語教育機関」で働くためには
高い学費を払って
1.「日本語教師養成講座420時間」を修了しなければなりません。
2.しかもそこを修了したからといって、全ての修了者が「日本語教育機関」で働けるわけではありません。
3.もし、4年制の大学を出ていなければ、毎年10月に行われる「日本語教育能力試験」(合格率19-20%の狭き門)に合格しなければ資格があると認められません。
4.最近はこの「日本語教師養成講座」自体も文化庁から登録番号、というものをもらわなければ運営できません。そうやって日本語教師への道はどんどん狭くなり、こんなに日本語ペラペラの人が周りにあふれているのに、現状では日本語教師が足りない!という事態になっています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「にほん語」ペラペラなのに「日本語」を教えられない??? 日本語でコミュニケーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる