アクセスカウンタ

<<  2018年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
蜘蛛の糸 芥川龍之介
蜘蛛の糸 芥川龍之介 芥川龍之介「蜘蛛の糸」  お釈迦様が散歩中に蓮の池を覗くと地獄で蠢(うご)めいている悪人どもの中に&#29325;陀多(カンダタ)を見つけた。数々の悪行をなしてきたこの男、ある時、蟻を踏み殺そうとしたが、「ま、一寸の虫にも五分の魂っていうわな、、、」と見逃してやったことがある。  お釈迦さまはそのことを思い出し、一回だけはチャンスを与えてやるか、、、と極楽浄土から地獄へ一筋の蜘蛛の糸を垂らしてやる。  地獄の池でアップアップしていたカンダタが、ふと空を見上げると金色に光る蜘蛛の糸が一筋自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/23 08:18
「にほん語」を「日本語」で教えるって難しいんですか。NO.2
「にほん語」を「日本語」で教えるって難しいんですか。NO.2 日本人はだれでも「にほん語」が話せる。だから「にほん語を日本語で教える」って難しくないでしょう。とよく言われます。 それならなぜ「日本語教師」になりたい、と思う人は、高い受講料(学校により様々ですが)を払って420時間のコースを修めるのでしょうか? それは「どうやって教えていいかが、分からないから」に他なりません。 日本人のほとんどは、中学の時「英語を日本語で勉強した」経験を持っているでしょう。結果、「英語」を読んだり書いたりできるようになったと思います。では、「聴いたり、話したり」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/18 11:49
これでいいのか!日本語教師、、、。
これでいいのか!日本語教師、、、。 「靴下屋」でストッキングを買って、履いたらいつも1回で破れる。最初は3足組安売りだからか、と思って「一足かなり高め商品」を買って履いても、また1回で破れた。ある時、ドラッグストアで売っている「3足組ストッキング」を買って履いた。洗って又履いた。また、履いた。でもなかなか破れない、、、という経験をした。 ●何が言いたいのか、、、。つまり靴下なら靴下専門の店の靴下が一番いいとは限らない。 、、、ということは 私がいつも口癖のように言っている、「日本語ならだれでも教えられるわけではない」とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/15 14:18
それでいいのか「日本語教師」!
それでいいのか「日本語教師」! 以前、「英語を習いたい」と思って。宣教師の奥さんに「英会話」を教えてもらったことがあります。今思うと習い始める前と習い終わった(自然に止めたのですが)後、「どのくらい上手になったのか、自分でも分かりませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/13 09:59
日本語を教えるのって、、、難しいんですか?
日本語を教えるのって、、、難しいんですか? アメリカ人を見たら、…この人、英語を教えてくれんかいな?…って小さい頃よく思っていました。…ということは、その逆も然り、ってことですよね。アメリカ人じゃなくても、インド人、フランス人、モロッコ人、ロシア人、、、みんな私たち日本語ペラペラの日本人たちは「日本語を教えてくれるわけじゃぁないけど、強引に頼んだら?、、、きっと教えてくれる」と思っているんでしょうね。でも、これもずーっと昔に習った言葉なんですが、、、「言うは易し、行うは難し」。日本語を知らない外国人に一度教えてみたら、、、。この言葉の意... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 08:10
「にほん語」ペラペラなのに「日本語」を教えられない???
「にほん語」ペラペラなのに「日本語」を教えられない??? 「日本語教師」になって、日本語学校のような「日本語教育機関」で働くためには 高い学費を払って 1.「日本語教師養成講座420時間」を修了しなければなりません。 2.しかもそこを修了したからといって、全ての修了者が「日本語教育機関」で働けるわけではありません。 3.もし、4年制の大学を出ていなければ、毎年10月に行われる「日本語教育能力試験」(合格率19-20%の狭き門)に合格しなければ資格があると認められません。 4.最近はこの「日本語教師養成講座」自体も文化庁から登録番号、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/05 22:19
裸の王様!福岡でも発見!
裸の王様!福岡でも発見! 今日は大濠(福岡市)の花火大会、天神は浴衣祭りか!というほど、色とりどりの浴衣を着て、会場へ向かう男女であふれておりました。で、伝統の浴衣姿はいいのですが、着方が、、、。 「つまらんことをいちいち取り上げるな」氏に言わせれば、また、「いらんことを!」なのですが、 漢字に代表される「日本文化」をこよなく愛する者として、少しばかり言わせてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 22:42

<<  2018年8月のブログ記事  >> 

トップへ

日本語でコミュニケーション 2018年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる