テーマ:いじめ

きれいな言葉で優しく話そう。

言い争っている人たちの顔は醜い。人を叱っている人の顔は怖い。何故なのか?人を殴ると、自分も同じくらい傷つきます。ボクシングを見たらわかるでしょう。鉄砲を撃つと(撃ったことはないけれど)弾が発射される瞬間に自分も大きな衝撃を受けるそうです。言葉もそれを同じではないでしょうか。 大きな声を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「和をもって、貴しとなす」NO.2

聖徳太子(574-622)が言ったとして伝えられている、「和をもって貴しとなす」の意味について調べてみると、「それぞれが、争いごとをせず、平穏な悟りの境地に達する」ことが、「和」であるけれども、日常生活においてゆとりのない者(私流に解釈すれば、貧しい者、身分の低い者、卑しい考えしか浮かばない者、、、)たちは自分たちが「心に思うこと」、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「和」を大切に、とは「黙ること」ではない、と思う。

三国時代の蜀の丞相(今なら首相に当たる人)諸葛孔明は「多くの人が集まってそれぞれに意見を出し合うのは組織の成長に大変好ましいことだ」と思っていた。でも、「少数意見を封じ込むことは、良くない。どんな小さなことにでも心配りをして、耳を傾ける必要がある」とも言った。 で、その流れかどうかは定かではないが、中国人は仲間同士で激しくののしり合う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分からないことに口を出すのはやめよう、、、と思う。

<和歌山県資産家の死>をめぐって、連日テレビで騒がれていますが、もういいんじゃないかな?、結果が分かった段階で報道すれば、、、。と思っています。 ●家政婦さんが犯人?若妻の仕業?とみんなが思っているし、全国民が探偵になったような騒ぎです。 でも、もし違ったら? ●「フーン違ったんだぁ、、、」で済ましていいものでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

争いごとを無駄にしない。

先日からブログ上でお騒がせしております、 1.「教育的虐待」に関する私の「お姑的発言」に対する 2.→「専業主婦」氏の「逆襲」+更に「ご近所への言いふらし(あの人ねぇ、、、こんな人なんよ!)」いじめを経て、 3.「窮鼠猫を噛む」「鼠でも噛みます」みたいな結論にいたったのですが、 そもそも、この私に降りかかった災難(?)は、何から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いじめる」人が少しわかりました。

私、「いじめられることってないかも」と確信のない、自信があったんですが、この年になって、やっといじめられました。で、分かったことは ●1.「いじめる」人の特徴  ①自分の考えや自分のとる行動に絶対の自信を持っている人。 ②一般に人並みか、それ以上の能力(例えば、スポーツができる、勉強の成績がいいなど)を持っている人。 ③正義感が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more