テーマ:漢字教育

本物を育てる

M:先生、日本の映画監督でだれが好きですか。 私:そうねぇ、、、。黒沢かな。 M:僕は黒沢はあまり好きではありません。でも、「生きる」は好きです。 ●去年デンマークから来日し、8か月日本語を勉強したマチアスさんと、こんな会話をした。 黒沢明監督の「生きる」(志村喬主演)をこんなに若い人(現在21歳)が見ているなんて。日本語を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師専門のブログ

最近NYA(ニューヨークアカデミー)の日本語教師養成講座でブログを書くように頼まれて、週に3回ほどアップしているhttp://ny-academy.com/kawano-blog/。毎日日本語教師関係のことを書くのも結構疲れるなぁ、、、と思いながらせっせと書いているうちに、発見したことがある。 ●「書く、文字にする」ということは、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kanji Channel at NILS February

●「これカリナさんがもらった花です」という文がある。この文の奇妙さをあげよ!という問題にあなたは何と応えるだろう。 ●これはモデルステューデントを使って実際に実習をしている時に出た問題だ。「みんなの日本語22課連体修飾」をNYAの受講生が教えている時のこと。 学生から「先生それは『カリナさんにもらった花です』じゃないですか」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kanji Channel at NILS Part2

このブログに自分の画像が出るのは何なんだぁ、、、。と思いながら、やはりこれは見てもらいたいなぁっと思う。 長いこと、漢字をおもしろく教えたいと考えに考えてきた。日本語教師の研究会でもその一部を発表してみた。また、出版社にも何回か原稿を出してみた。しかし、、、。漢字教育の壁は厚い。何となれば、「カタカナ語すらすら」(スリーエーネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハウステンボスライトショー

さっき、ハウステンボスでお正月を過ごしたような気分のまま、もう1月も1/3に突入!このままだと、2013年もそう遠くなさそうです。(うれしくないことに) ●現在、漢字のプリントを作成中!昨年から悪戦苦闘!いろいろ考えたけれども全部不発、、、。情けないやら、悲しいやら。で、今度のはどうかな?ふふふ、、、。なかなかのもんですよ、これが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more