テーマ:日本語教育

日本語の教え方中上級 NO.12 「今では」「今でも」

これって、「ニューアプローチ(語文研究社)」の3課の表現にのっているんだけど、説明簡単そうで、結構「うーん」ですよね。●そこで以下のように図を使って説明したら!どうでしょう! 「キラリーンって感じじゃないですかぁ!!! <今でも>昔=田んぼ→今でも=田んぼ <今では>昔=田んぼ→今で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書くことでつながる。話すことでつながる。

半年ぐらい、ブログを書かなくて、昨日再開したら、たくさんの方のアクセスがあり、自分でも驚いています。大変ありがとうございます。やはり、黙っていてはダメ!💛ですね。話すことでもいい、書くことでもいい、描くことでもいい。笑いかけることでもいい。何かは自分から発信しない限り、人と人とはつながらないんですよねーーーぇ。また以前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師の魅力

最近FUKUOKAふぁんhttp://www.fukuoka-fan.jpには「日本語教師になりたーい」っていう人がたくさん集まってきて、教え方について、「あぁ、、、」の「こう、、、」の言っているうちにだんだん仲良くなって、毎日が楽しいです。そしてちょっと気持ちに余裕が出てくるとやっぱりこんなことに戻っちゃうんですねぇ。どうしてこうなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人に褒めてもらいたい!

って思っている人、たくさんいると思うんです。でもね、、、人を褒めるって難しいんですよね、これが、、、。人を「~が上手ね!」って褒める時、そのことについて自分がその人よりよっぽど優れているか!はたまた余程劣っていてその人をadmire(称賛)、あるいはrespect(尊敬)する時にしかできないことなんですねぇ、、、。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の脳を鍛えよう!

最近キャリアウーマンが増えたせいか、私の周りには「できる!」女がたくさんいます。何をやらせても卒なくこなせ、何を聞いても、さっと情報を集めてくれます。(インターネットで)でーも、その反面、彼女たちは「よーく考える」という能力を磨くことを忘れて来たんじゃないか?と思うことがしょっちゅうあるんですねぇ、、、。 そこで提案です。 自分が分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくったものを壊される、、、

つくる、作る、造る、創る、、、「つくる」ものはいろいろあっても一度つくったのものを壊されるつらさ、恐怖、悲しみは同じだと思う。津波で宮城県の気仙沼市の陸(おか)に上がった大型漁船「第18共徳丸」が解体されるのだそうだ。この船に関わった全ての人の悲しみや怒り、、、「何かをつくる者」の仲間として、その心に共感できる。 私の「つくる」は船の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい学校を作りました。

「英会話の教師にはなれなくても、日本語の教師にならなれそう!」という私に言わせれば迷信のようなものに長いこと悩まされてきました。現在働いている職場でもいつも「誰でもできるでしょう!」が合言葉のようにささやかれ、使われ、言われ、、、hahaha。しかし実際はそんなに易しいものではありません。{%アッカンベーwe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイアンフラと日本語

って、関係ないと思ってたけど、、、とっても似てる所を発見。先日知りあいが「キャナルシティ―(あの有名なミュージカル「キャッツ」の舞台なんかがある所)で、「ハワイアンフラ」を踊った、というので、ビデオを見せてもらった。 友達曰く:この人なんか1歳の子どもを抱っこして練習したんだけど、まだ入って1カ月なのにもうこの舞台よ!すごいでしょう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九J(九州日本語教師研究会)の第2回大会開催報告

3月10日、九J(九州日本語教師研究会)の第2回大会を九州日語学院(福岡市南区)をお借りして、行いました。 一部は「日本語学校卒業生の声を聞く」と題して、二人の卒業生に「日本語学校でどんな日本語を習ったらいいか」「どんな授業、先生がいいか」など率直な意見を聞きました。 ●二部では、「初級作文指導(みんなの日本語Ⅰを使って)」というテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九J第2回開催予定!

前回2012年11月に開催した九州日本語教師研究会(九J)の第二回大会が3月10日(日)九州日語学院で開催されます。今回は「日本語学校を卒業し、就職した学生たちの話を聞く」会と、「みんなの日本語」から「作文指導」を考える、というテーマでワークショップがあります。 九州には東京に比べて「ふつうの日本語教師の会」というのが本当に少ないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人に利用された」ことがある人へ

「この会社に、その人に、あのことで、利用された」と思ったことって誰でも一度はあるでしょう。私は何度もあります。こんなことをいうと「それはあんたがバカだからよ」と言う人もいるでしょう。そうなんですねぇ、、、。はっきり言って頭はそんなに悪くないと自画自賛している私なんですが、その都度だまされて、後で「あぁ、そうだったんだ。利用されたんだ」っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからは自分らしく生きようと思います。

最近気がついたことがある。「人が何かをする時に二つのタイプがある」ということ。 これを料理に例えると タイプ1:レシピ通りに作る人。 タイプ2:レシピを見て、これを食べる人に思いを馳せてしまう人。 ★タイプ1の人は、「レシピに書いてある材料や調味料をどう調達するか、それをいかにレシピどおりに作るか」に心を奪われ、頭を使う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教育 中上級指導について

今月から「中上級指導法実践・実習」が始まる。 ●「日本語教育」と言えばだれもが「あ、い、う、え、お」「こんにちは。私はミラーです。アメリカから来ました」みたいな会話を教えることを想像すると思うけれど、 ●実は日本語教師がマスターしなければならないスキルは「中上級指導」にある。大まかに分けて、 1.漢字を含む文字・語彙指導  2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また新しい年を重ねましたねぇ。

年齢というものはどうしてこうも平等なんでしょうねぇ。若い人も若くない人もみんな新年になると一つ年を重ねることになっている。多過ぎるからと言って人に分け与えることもできないし、足りないからと言って人からもらえるわけではない。(もらいたい人は少ないと思うけど)さて、今年は巳年。0さい、12才、24才、36才、48才、60才、72才、、、と1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師のbeliefs

「教師の信念、考え方」がその人の「教育の現場」に反映する!というのが「教師のbeliefs」というらしいです。 で、先日「新米教師のAさんのbeliefs」について驚いたことをご披露しましょう。 Aさんがマスクをして授業から帰って来たのを目撃した私、 桐: Aさん、授業中にマスクしてたんですか? A: ええ。風邪引いてたんで! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教育の研究会

本日11月9日九州日語学院にて日本語教育研究会「九州日本語教師会(九J)」の第一回総会が行われました。 ●この会は若い(あるいは新米の)日本語教師が集まって仲間作りをし、いずれは中央の研究大会で何らかの発表をしてみよう、という会です。いろんな枠を超えて集まったみんなはとても楽しそうです。私はまぁ、ベテランの方にいれられちゃいましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしは「火星人」。火星から来ました。

「私はミラーです。アメリカから来ました」のバージョンで 「私は火星人です。火星から来ました」「私はドラえもんです。未来から来ました」も教えましたぁ、、、!と新米教師の授業報告メールが送られてきた。 「それはイカンでしょう!」というとその新米教師、「何がイカンですか。新しい学生に喜んでもらおうと、『受け狙い』のつもりでやったんですけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学の進歩と人間の退化

先日、これからコンピューターを利用してどういうことができるか、という見本市を紹介していました。車を携帯電話で動かしたり、周りに不審者がいたら、メールで写真を送ってくれたり、、、。その中で「電子書籍」を指先タッチでめくるのではなく、「目がページ末まできたら、自然に次のページに移動する」というのがありました。 (おーっ、ついにここまで来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘアースプレイ

ちょっと古い映画だけど、ジョントラボルタの「Hairspray」という映画を見た。「差別」というテーマをそれ程暗くなく、重くなく扱っているものだけど、分かりやすくていいな、と思う。 ●考えて見れば私達日本語教師という職業は「違うこと」を認めることから始めなくてはいけないような気がする。「白人と黒人」「デブとやせ」「のっぽとチビ」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己嫌悪、、、。

「自己嫌悪」ってものに時々悩まされます。言わなくていいこと言って、自己嫌悪。なぜか似合うはずもない派手な格好で外に出た瞬間から自己嫌悪。学生の前で歌を歌って自己嫌悪。 ●まぁこうやって並べて見たら、しなくてもいいことをわざわざやって、自己嫌悪に陥ってるみたいですねぇつまり、何もしないで家に引きこもってたら、こんな自己嫌悪に悩まされなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生、就職決まりました!

「先生、就職決まったから電話しました」バングラデシュのカンさんに電話をもらいました。就職が決まった喜びを日本語学校の教師に電話して伝えてくれる、、、。本当に感謝です。そんな風に喜びを伝える相手だと思ってくれて、、、。  いくら教師をしているからといって、相手が日本人の学生なら高校の担任の先生や大学の先生に喜びの電話をくれるなんてないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を病んで

 私が教えている日本語学校の卒業生で現在大学2年生のHさんが精神病院に隔離された、と聞き、驚いてそこを尋ねました。ところがその病院の受け付けで「今日は面会できる状態ではありませんから」と面会を拒否され、「では、先生とお話しができますか」と聞くと「親御さんではありませんから」とまたもや拒否。 Hさんは中国人です。しかも大学の職員が何千人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優先席

ある日、バスに乗ったら、某有名国立大学の学生(なぜわかるかというと、そのバスの始発点は某大学で、school bus状態だから)の学生が「優先席」に座っていました。 「あなた、立ちなさいよ。そこは優先席でしょう。字が読めるの?(私はいつもはおとなしい性格だけれども、そのバスに乗る度に充満している学生たちによって、年寄りは立たされ、妊婦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこ焼き、喰いてぇ、、、?!

B:○○のタコ焼き、チョーうまいよ。 C:喰ったことあんの? B:うん、ほとんど毎日喰ってる。 A:そんな、毎日喰ってたらあきるじゃん! B:いや、喰える、喰える。チョーうまいんだよ!喰ってみな! おやじさんたちの話し声じゃぁありません。昔で言えば(今はなぜか女子サッカーの代名詞みたいになっちゃったけど)十六、七の「大和撫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キモい!!?

職業柄、「日本語」が気になる。電車に乗ると、隣の話声につい耳を傾けてしまう。(一般に言う、盗み聞き?)今日も若い二人の女の子(?)の会話に耳がダンボになっていた。(…ってこの表現わかってもらえるかどうか、、、。分かっている人は、ここ読み飛ばしてください。-ディズニーの映画に耳の大きい象がでてくる。あの象の名前はダンボ。で、そのダンボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤解

今自分が人から「誤解されている」と感じている人に言おう。あなたの気持ち本当によくわかります。何でって、今の私がそうだから、、、。だけどね、誤解を解こうとしても無理なんですよ。人は一旦思いこんだことを修正するのが苦手なんですねぇ、、、。その点パソコンなら「削除」ってしちゃえばいいので、楽チンなんですけどね。 じゃ、どうすればいいかって?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物を育てる

M:先生、日本の映画監督でだれが好きですか。 私:そうねぇ、、、。黒沢かな。 M:僕は黒沢はあまり好きではありません。でも、「生きる」は好きです。 ●去年デンマークから来日し、8か月日本語を勉強したマチアスさんと、こんな会話をした。 黒沢明監督の「生きる」(志村喬主演)をこんなに若い人(現在21歳)が見ているなんて。日本語を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青」ですか、「緑」ですか。

NYA日本語教師養成講座の「中級指導法実習」が始まった。中上級の指導は初級と違って、学習者が日本語をある程度話せるようになっているため、授業中に教師と学生とのコミュニケーションをとる場面が多く出て来る。というより出て来るように、授業を組み立てて行かなければならない。 だが、そこがどうも、うまくいかない。 ●中上級レベルを指導する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本語を教える」ということ

 NYA(日本語教師養成講座)で教えていると、「日本人が日本語を教える」ということに対して「私自身が思っていること」と「日本語を教えようと思っている(あるいは今現在教えている)人が思っていること」とは大変にギャップがあるのではないか?!と感じることがある。  特に違和感があるのは、「日本人だからだれでも日本語が教えられる」という感覚。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more