日本語でコミュニケーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字を教える!

<<   作成日時 : 2014/11/14 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近はネパール人やベトナム人が日本語を学びにわんさか来ています。福岡のある日本語学校などは300人近いネパール人が毎日4時間学校で日本語を学んでいます。
●日本語学校は外国人で、ある程度の条件がそろっていれば(基本的には経済力があればO.K.)入学できることになっています。私の関係しているところでは日本語学校だけでなく、大学の別科まで作ろうか、、、という勢いです。

●ただ、数年前には日本語学習者のほとんどが中国や韓国だったのに引き換え、最近のように非漢字圏、しかもある程度文化的に進んでいる国からの留学生ではなく、その逆まではいかないけれども、学ぶマナーを知らない、あるいは日本とは違う国から来る人たちに日本語を教えるのは容易ではありません。また、日本語は他の国の言語と違い表記がひらがな、カタカナ、ローマ字、漢字と4つもあり、特に漢字についてはいくら日本語教師の質が高くても、学生の理解能力に限界があれば不可能に近い状態になります。(英語ができない場合はその困難さはうーん!!!ですねぇ。)

●日本語の発音は他国に比べてやさしいので(ホントです!)比較的短時間で日本語を流暢に話せるようになるため、日本語教師自身も「教えるのがうまーいわたし!」と思っている人も少なくないと思います。ただ、彼らが、日本語学校を終了して、大学へ行けるか(中国人や韓国人は90%以上は大学に進学していましたが)!と言えばなかなかですねぇ、、、。行けても、大学の授業についていけるがどうか、、、。(中国人でも難しいのに、、、)

●これからはどんどん受け入れるのはいいけれど、「受け皿の部分の改革が必要だ」思うこの頃です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢字を教える! 日本語でコミュニケーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる