日本語でコミュニケーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真家の土門拳さんの作品を見に行きました。

<<   作成日時 : 2015/09/22 06:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

写真家の土門拳は昭和の時代を生きて古寺巡礼を遺した凄い写真家です。で、そこで、土門さんの遺した言葉のなかに、強くて、個性的なものが美しい、とありました。日本人はともすれば、優しく人並みなものを、好むように思います。強くて個性的な外国人に囲まれて日々を過ごしていると余計にそう思えてきます。日本語教師たる私たちは少なくとも異質なものを受け入れる精神を育む必要があるなぁ、、、と土門さんが撮られた仏像の写真を見ながら思いました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
写真家の土門拳さんの作品を見に行きました。 日本語でコミュニケーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる