本が出る!

●長いことかかって、やっとまた一冊のテキストを出すことができるところまで来た。「語彙力ぐんぐん一日10分」(スリーエー」の出版から足掛け6年。最初の本を出すまでに3年の月日をかけた。「本を出す」ということは大変なことだと思う。
●いくつかの企画を出しても、そう簡単には取り上げてくれない。本は売れなければ意味がないからだ。もし企画が通っても、「買ってもらう」ために「読んでもらう」ために、さまざまな工夫が要求され、さまざまに改変されていく。
●「ひらめく能力」しか与えられていない(もちろんそのことだけでも私は十分に満足し、神さまに感謝しているわけだけれども)私のような人間には大変難しい段階に入った。
●わたしのひらめきは人々に理解されず、人々の問いかけや要求は「ひらめく私」を混乱させる。
さてさて、どんなものができあがるのやら、、、。請うご期待!
画像

この記事へのコメント