テーマ:日本語教師養成講座

 I love Kanji----!!!

日本語を教えるようになってから、漢字の魅力に憑りつかれ、その憑りつかれ方が尋常ではありません。漢字の辞書「説文解字」は中国の後漢の時代(A.D100年ごろ)に許慎という人によって書かれ、当時の皇帝=桓帝に献上されました。 その後、日本では立命館大学名誉教授、今は亡き白川静先生の「説文解字研究」により、「漢字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌を歌うようにして、日本語を覚える???

ある教師から「うちのクラスの学生は話すのは上手なのに、ディクテーション(聞き取りして書きとる)ができないんですけど、どうしたらいいでしょうか?」と質問がありました。 そもそも、①聞ければ→話せる→②話せれば→書ける→③書ければ→読める。(読解)のような順番で能力が伸びていくので、②話せるのになぜ→書けないのか???という疑問です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーメルンの笛吹き男

ハーメルンの笛吹き男ってご存知ですか?、、、ですよね。あの話に出てくる笛吹き男の正体は何か、、、「労働者集めの人買い」だとか「新天地を求めて若者を連れ出した指導者だとか」色々の説があるそうですが、、、。何故村の子供たちは「笛吹男の後について岩穴の彼方へと消えたか。 その答えは!「笛吹男の奏でる音に魅了されたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことばの花じゅうたん

ある日、夢を見ました。「花のじゅうたん」からいくつか種類が違う花が宙に浮きあがっていきます。その浮き上がっている花々は更に茎を付け、枝葉を付けながら、上昇していきます。最後に一番高い空間に留まって「一つの花束」になりました。すると「こんな風に日本語を教えなさい」って神様(???)の声(夢なので自分の声かも知れませんが、、、)が 聞えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学んでも、学んでも、、、教えることはわずかしかない。

日本語教師の養成講座で「先生、こんなにたくさん調べてきたのに、学生に教えることは限られているのがとても残念です」という発言がありました。「日本文化をどう教えるか」という授業の一つ「折り紙指導」の「折り紙の歴史について教える」というところを指導していた時のことでした。 ●そうなんですねぇ、、、。教えたいことは山ほどある、しかし 1.今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいな言葉で優しく話そう。

言い争っている人たちの顔は醜い。人を叱っている人の顔は怖い。何故なのか?人を殴ると、自分も同じくらい傷つきます。ボクシングを見たらわかるでしょう。鉄砲を撃つと(撃ったことはないけれど)弾が発射される瞬間に自分も大きな衝撃を受けるそうです。言葉もそれを同じではないでしょうか。 大きな声を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教育を独学で学んで、、、。

本日、驚くべき電話をもらいました。「昨年の8月福岡市に日本語教員として正式に採用され、以来独学で日本語教育を学び(DVDで勉強したそうです)みんなの日本語を教えています。しかしながら、生徒の覚えが悪いのか、私の教え方が悪いのか(わたしは後の方だと思いますが、、、)、少しも伸びませんので、改めて日本語の教え方を教えてくれる機関を探していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「和をもって、貴しとなす」NO.2

聖徳太子(574-622)が言ったとして伝えられている、「和をもって貴しとなす」の意味について調べてみると、「それぞれが、争いごとをせず、平穏な悟りの境地に達する」ことが、「和」であるけれども、日常生活においてゆとりのない者(私流に解釈すれば、貧しい者、身分の低い者、卑しい考えしか浮かばない者、、、)たちは自分たちが「心に思うこと」、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分からないことに口を出すのはやめよう、、、と思う。

<和歌山県資産家の死>をめぐって、連日テレビで騒がれていますが、もういいんじゃないかな?、結果が分かった段階で報道すれば、、、。と思っています。 ●家政婦さんが犯人?若妻の仕業?とみんなが思っているし、全国民が探偵になったような騒ぎです。 でも、もし違ったら? ●「フーン違ったんだぁ、、、」で済ましていいものでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災難続き、お祓いでもお願いしなくては、、、。

本業ではないことで振り回されていたら、今度は自分のひざ元で問題発生。 ●日本語学校での新しい教科書選定の時に非常勤から「その教科書ってどうなんですか?」発言。日本語学校って案外こんな非常勤発言が問題になることが多いのです。非常勤の人は、他校も兼務、という人が多いせいか、「一言言わせてもらいます。他校ではこのようにやっています。この学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省することしきりなのです。

●未だに「あなた(わたしのことです)は人でなし!」的、同じテーマを引きずり、そこから抜け出せていませんねぇ。それは私が「異文化社会の中で言葉を教え、いかに伝えるか、を研究している」人の一人であるからでしょうか、、、。 ●私が「専業主婦のママたちに」と、ある意味「お姑的立場」から偉そうに話したことが、誤解を招き、挙句の果てはその弁解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「教育的虐待」

●東京都目黒区の「船戸結愛ちゃん5歳、の虐待、殺人事件」以来、ずーーっと考えています。 ●「船戸結愛」ちゃんの問題は単なる虐待ではない、「教育的虐待(段ボールに20のルールを書いて)これを確実に実行させる、それを守らないと、食事を与えないなどのしつけをする。 ●結愛ちゃんの親はものすごく異常な教育の仕方をしているのだけれど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別を感じるとき

大学の女子会同窓会に出てからずっと「何これ?疑問?」の中にいる。で、一つ分かったことは、「順風満帆」「向かうところ敵なし」の人生を歩んできたものには「差別」が分かる。つまり周りの人間は自分とは違うことがあまりにも多すぎるからだ。 ●「貧困の中にいるもの」は周りがみな「貧困」なので自分が他と違うことがわからない。食堂でアルバイトをしたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵が先か鶏が先か?

先日大学のある同窓会に出席!女性解放運動の旗頭のような人たちと話をして、私の中の何かが???動き出した。彼女曰く:女は子宮があるということ以外は男と変わらない。「頭」は同じ。動物と人間は別。人間には「頭脳」がある。(「頭」コンプレックスに憑りつかれているのか?) で、大好きな漢字の話に思いを馳せよう! 「男」は「田んぼで力を発すべし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師になりたい!でも、、、最近ハードル高いです!

日本語教師になって日本語学校で働いたら、福岡なら時給(45分)で1800円ぐらいは貰えるってご存知でしたか? で、最近、とっても人気のこの職業!やっぱりそんなに簡単にはいかなくなりましたねぇ。何しろ日本語学校を牛耳っている(?)「入国管理局」というお役所が「日本語学校で働く日本語教師は以下の条件をクリアした人に限る!ように」と言ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の教え方中上級 NO.12 「今では」「今でも」

これって、「ニューアプローチ(語文研究社)」の3課の表現にのっているんだけど、説明簡単そうで、結構「うーん」ですよね。●そこで以下のように図を使って説明したら!どうでしょう! 「キラリーンって感じじゃないですかぁ!!! <今でも>昔=田んぼ→今でも=田んぼ <今では>昔=田んぼ→今で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の教え方NO.11 「中上級」…「別の」と「他の」ってどう違う?

昨日の研修会、またまた面白かったです。 Q:「別の」と「他の」ってどう違うんでしょうか。 A1:うーーん???あのう、、、「別の」はもう一つあるってことで、「他の」は…・ A2::グループ(A,B,C,・・・のような構成員)があって、「他の」は例えば「A」以外の「B」とか「C」を言うときに使うんですかねぇ、、 で、【結論】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

今年も「漢字を世界に広める運動」を展開します!でもね、なかなかですねぇ、、、。孤軍奮闘は否めません。 漢字=Pictureってことを本当にわかってほしい!!! https://www.youtube.com/watch?v=hJX7JSZq_hg
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの日本語ブーム

ベトナムのホーチミンへ市場調査に行った人(FUKUOKAふぁんの受講生)の情報では、ベトナムは今空前の日本語ブームとか、、、で、日本語教師が不足しているんだそうです。 皆さん、日本語教師のお仕事!やってみませんか?どんどん紹介しますよ。 で、先日FUKUOKAふぁんへ「日本語教師の職も斡旋していらっしゃるんですか?」という問い合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人が介護福祉士になれることになりそうだけど、、、。

ある日本語学校をこの3年間で作りました。日本語学校を造ったり、立て直したりした経験が今度で8校めになりますねぇ、、、。ただ一つ誇りになるとしたら、どの学校もそれなりにきちんと機能している、、、てことですかねぇ。(…あ、最初の1校は経営者の不正でつぶれましたが、、、)で、今思うと、それが良かったかどうか、、、。日本語学校というのは外国人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もう、大丈夫!」って思はないでほしい。

「日本語の教え方セミナー」を2年間で12回やりました。「日本語教師養成講座FUKUOKAふぁんhttp://www.fukuoka-fan.jp」で教えるのとは違って、どちらかというと「日本語教師になった人」を対象にしています。、、、で思うことは、こういうセミナーに来る人は「真剣に学ぼうとする人たちなんだなぁ、、、」ということ。「もう大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字に夢中!NO.4

漢字=Picture で「働」=重いものを押すのに「力」を。すると「動」。さらに人がそれに関わる。「人」+「動」=「働」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字の魅力

日本語を教えていると改めて漢字の面白さに気がつかされる。どうやったら興味をもってもらえるか、工夫するうちに、Oh!と思い当たること多々あり!最近気がついたことのひとつが、「歯」。「歯」は、口の中に入った米を上から「止める」と書くんですねぇ、、、、す、すごいです!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

One of the...=~の一人

One of the...という言葉があります。One of the citizens とか、One of the family 「市民の一人として、、、」「家族の一員として」みたいなことを言いたいときに使われる言葉です。で、この言葉を発した瞬間に、今まで、「個」であったものが、その「個」が持つ、強烈な光を亡くして、同類の集団へと呑み込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因果応報!???

バスに乗っていたら、後ろの席の小学生が「この、クソばばぁ!」と言ったので、「まぁ、失礼な!私のこと!???」と振り返ると、どうもその子の隣の母親に向かって言ってるようでした。さすがその母親もその子の頭をバチーン!としたつもりが、すんなり避けられて、その手が自分の頬をひっかくことになってしまいました。それを見たそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小春日和(コハルビヨリ)っていつのこと?

今日の授業中(日本語教師養成講座)で、「小春日和」っていつのこと?が話題になりました。えぇ、えぇ。さすがに、「飲み会」じゃあ、話題にならないことですがね。で、結構「晩冬なのに、ちょっと暖かいなぁ、きょうは」という日に、たまには教養のあるところ見せたいよね♪って、「今日は小春日和だね」って使ってそう、、、わたしなんか。ところが、ドッコイ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体が曲がってます。と言われて。

整形外科で診てもらいました。で、笑われました。人間、まっすぐの人の方が、珍しいとか、、、。でもね、専門家にいってもらうと安心しますね。何でもそうですよ。素人判断が一番危ない!私がかいた絵じゃないけど。LiuとPiggy。いつか作りたい「漢字の本」の主人公、あぁ、いつになったら書けるかなぁ、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師養成講座 福岡で

日本語教師養成講座を個人で初めて、もうすぐ2年です。「K.K.(桐子河野)式メソッド(長沼式修正直接法を基盤に)」と偉そうに書くと「なーに言ってんの?!」と言われるかもしれませんが、その批判も覚悟の上です。逆にそういう「●▼?!メソッドで」と大げさに発信することで、「それは違うよね!」って「色々言える対象」ができることがこの「業界!?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真家の土門拳さんの作品を見に行きました。

写真家の土門拳は昭和の時代を生きて古寺巡礼を遺した凄い写真家です。で、そこで、土門さんの遺した言葉のなかに、強くて、個性的なものが美しい、とありました。日本人はともすれば、優しく人並みなものを、好むように思います。強くて個性的な外国人に囲まれて日々を過ごしていると余計にそう思えてきます。日本語教師たる私たちは少なくとも異質なものを受け入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more