テーマ:日本語学校

「老鼠愛大米」という小説を自費出版しました。

「老鼠愛大米」(鼠が米を愛するようにあなたを飽きずに愛したい)という小説を自費出版しました。以前日本語学校で起こる日々の出来事を「ブログ小説」の形で書いていましたが、それを今回本にして出しました。もう、30年近く前のことで、中国が今のような発展を遂げる前の日本語教師と留学生の物語です。自画自賛ですが、結構面白いと思います。{%うれしいw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク顔

ある日本語学校に勤めている日本語教師が話してくれました。「冬になるとインフルエンザが流行るじゃないですか。だから、インフルエンザ流行中は学生も教師もマスクをしてクラスに入るんですよ。で、10月に入学する学生なんか、2か月ぐらい『マスク顔』なので、マスクが取れる春先にあーっ、こんな顔!みたいな感じで、、、」って!どうなんですか。日本の小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留学生はみんな善人?

日本人は外国人慣れしていないせいか、日本語教師は「留学生に遠慮したり、弱気になったり、みんないい人的考えを持ったり」してます。現実は違うんですよ。試験中カンニングする人はザラですし、学費を滞納して卒業後もふんだくる人がいたり、同級生のお金を盗んだり、スーパーで万引きする人もたくさんいます。まぁ、日本人だって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教育のレベルの低さを憂えています。

私は6年間で1週間に4~6時間程度日本人から英語を習いました。(この際厚かましく自慢させてもらいますが)英語が話せる(英検1級程度)ようになりました。なのに日本語学校でアメリカ人ではなく日本人(ネイティブスピーカー)から週に20時間、2年間に1600時間習っても、そのうち0~1%ぐらいしかJLPT(日本語能力試験)のN2又はN1(更に難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JLPT試験対策

JLPTの試験(日本語能力試験です)があるからって、毎日毎日練習問題ばかり解かせていていいのかなぁ、、、って思います。4択問題をひたすらやっても、日本語は上手にならないし、肝心の試験問題も解けるようにはならないと思います。、、、と思いますが、今は一人の非常勤講師として働いているので、見ざる、言わざる、聞かざる、を決め込んでいます。、、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでいいのか!日本語教師、、、。

「靴下屋」でストッキングを買って、履いたらいつも1回で破れる。最初は3足組安売りだからか、と思って「一足かなり高め商品」を買って履いても、また1回で破れた。ある時、ドラッグストアで売っている「3足組ストッキング」を買って履いた。洗って又履いた。また、履いた。でもなかなか破れない、、、という経験をした。 ●何が言いたいのか、、、。つまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでいいのか「日本語教師」!

以前、「英語を習いたい」と思って。宣教師の奥さんに「英会話」を教えてもらったことがあります。今思うと習い始める前と習い終わった(自然に止めたのですが)後、「どのくらい上手になったのか、自分でも分かりませんでした。 「日本語教師」をしている今、「それでは絶対にダメだ!」と思うようになりました。 「どの領域」を「どのように教え」て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語を教えるのって、、、難しいんですか?

アメリカ人を見たら、…この人、英語を教えてくれんかいな?…って小さい頃よく思っていました。…ということは、その逆も然り、ってことですよね。アメリカ人じゃなくても、インド人、フランス人、モロッコ人、ロシア人、、、みんな私たち日本語ペラペラの日本人たちは「日本語を教えてくれるわけじゃぁないけど、強引に頼んだら?、、、き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「にほん語」ペラペラなのに「日本語」を教えられない???

「日本語教師」になって、日本語学校のような「日本語教育機関」で働くためには 高い学費を払って 1.「日本語教師養成講座420時間」を修了しなければなりません。 2.しかもそこを修了したからといって、全ての修了者が「日本語教育機関」で働けるわけではありません。{%プンプンwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝者は多くの敗者から、生まれいずる、、、。

最近ニュースを見ていると、毎日どこそこで、だれだれが、「●●優勝」「××敗戦」「▲▲勝利!」という記事が流れます。「2番じゃダメなんですか?」というセリフが流行ったことがあります。私は学生時代何故かマラソンが強くて、マラソン大会となるといつも2番でしたぁ!」って自慢になりませんよね。聞いた人はみんな「えっ、じゃぁ、一番がいるんじゃん、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌を歌うようにして、日本語を覚える???

ある教師から「うちのクラスの学生は話すのは上手なのに、ディクテーション(聞き取りして書きとる)ができないんですけど、どうしたらいいでしょうか?」と質問がありました。 そもそも、①聞ければ→話せる→②話せれば→書ける→③書ければ→読める。(読解)のような順番で能力が伸びていくので、②話せるのになぜ→書けないのか???という疑問です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「和」を大切に、とは「黙ること」ではない、と思う。

三国時代の蜀の丞相(今なら首相に当たる人)諸葛孔明は「多くの人が集まってそれぞれに意見を出し合うのは組織の成長に大変好ましいことだ」と思っていた。でも、「少数意見を封じ込むことは、良くない。どんな小さなことにでも心配りをして、耳を傾ける必要がある」とも言った。 で、その流れかどうかは定かではないが、中国人は仲間同士で激しくののしり合う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災難続き、お祓いでもお願いしなくては、、、。

本業ではないことで振り回されていたら、今度は自分のひざ元で問題発生。 ●日本語学校での新しい教科書選定の時に非常勤から「その教科書ってどうなんですか?」発言。日本語学校って案外こんな非常勤発言が問題になることが多いのです。非常勤の人は、他校も兼務、という人が多いせいか、「一言言わせてもらいます。他校ではこのようにやっています。この学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師になりたい!でも、、、最近ハードル高いです!

日本語教師になって日本語学校で働いたら、福岡なら時給(45分)で1800円ぐらいは貰えるってご存知でしたか? で、最近、とっても人気のこの職業!やっぱりそんなに簡単にはいかなくなりましたねぇ。何しろ日本語学校を牛耳っている(?)「入国管理局」というお役所が「日本語学校で働く日本語教師は以下の条件をクリアした人に限る!ように」と言ってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくったものを壊される、、、

つくる、作る、造る、創る、、、「つくる」ものはいろいろあっても一度つくったのものを壊されるつらさ、恐怖、悲しみは同じだと思う。津波で宮城県の気仙沼市の陸(おか)に上がった大型漁船「第18共徳丸」が解体されるのだそうだ。この船に関わった全ての人の悲しみや怒り、、、「何かをつくる者」の仲間として、その心に共感できる。 私の「つくる」は船の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だれでもできそうで案外できない仕事って、、、なぁに?

テレビで「普通の人でタダ者じゃない人」の紹介をしてた。★「カンガルー100匹の顔と名前を間違えなく言える人(こちらは当たってるどうか全くわからないのだけれど)」とか●「裏字をスラスラ書くハンコ屋さん」とか。中でもすごいのが「卵を一分間に60個の割合で割っていく人」。◆卵なんて簡単じゃん!と思う人は一回挑戦してほしい!まぁ60個も割ってど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セクハラ!パワハラ!

「あなた、会社のルールは守らない!上司の言うことは一切聞かない!40才にもなって、そんな社会性のないことでどうしますか!」ってアルバイトを叱ったら、そのアルバイトから「あなたこそ公衆の面前で大声で私を叱るなんて、パワハラじゃありませんか!」と言い返されました。 そうですねぇ。ものは言いよう。 今世紀に入ってから特に組織の中で上にいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教育 中上級指導について

今月から「中上級指導法実践・実習」が始まる。 ●「日本語教育」と言えばだれもが「あ、い、う、え、お」「こんにちは。私はミラーです。アメリカから来ました」みたいな会話を教えることを想像すると思うけれど、 ●実は日本語教師がマスターしなければならないスキルは「中上級指導」にある。大まかに分けて、 1.漢字を含む文字・語彙指導  2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生!わたしはとんこつラーメンが大好きです。

先日NILS(日本語学校)で、年末会が開かれました。日本でよく行われるクリスマス会のようなものです。じゃぁ、何で「クリスマスパーティー」って言わないか?と思う人もいるでしょう。  ◆実は以前はそう呼んでいたこともありました。しかしある年、「12月にする会ですが、クリスマス会という名前なら私は参加しません」という学生が現れました。 よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語教師のbeliefs

「教師の信念、考え方」がその人の「教育の現場」に反映する!というのが「教師のbeliefs」というらしいです。 で、先日「新米教師のAさんのbeliefs」について驚いたことをご披露しましょう。 Aさんがマスクをして授業から帰って来たのを目撃した私、 桐: Aさん、授業中にマスクしてたんですか? A: ええ。風邪引いてたんで! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学の進歩と人間の退化

先日、これからコンピューターを利用してどういうことができるか、という見本市を紹介していました。車を携帯電話で動かしたり、周りに不審者がいたら、メールで写真を送ってくれたり、、、。その中で「電子書籍」を指先タッチでめくるのではなく、「目がページ末まできたら、自然に次のページに移動する」というのがありました。 (おーっ、ついにここまで来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘアースプレイ

ちょっと古い映画だけど、ジョントラボルタの「Hairspray」という映画を見た。「差別」というテーマをそれ程暗くなく、重くなく扱っているものだけど、分かりやすくていいな、と思う。 ●考えて見れば私達日本語教師という職業は「違うこと」を認めることから始めなくてはいけないような気がする。「白人と黒人」「デブとやせ」「のっぽとチビ」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己嫌悪、、、。

「自己嫌悪」ってものに時々悩まされます。言わなくていいこと言って、自己嫌悪。なぜか似合うはずもない派手な格好で外に出た瞬間から自己嫌悪。学生の前で歌を歌って自己嫌悪。 ●まぁこうやって並べて見たら、しなくてもいいことをわざわざやって、自己嫌悪に陥ってるみたいですねぇつまり、何もしないで家に引きこもってたら、こんな自己嫌悪に悩まされなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生、就職決まりました!

「先生、就職決まったから電話しました」バングラデシュのカンさんに電話をもらいました。就職が決まった喜びを日本語学校の教師に電話して伝えてくれる、、、。本当に感謝です。そんな風に喜びを伝える相手だと思ってくれて、、、。  いくら教師をしているからといって、相手が日本人の学生なら高校の担任の先生や大学の先生に喜びの電話をくれるなんてないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を病んで

 私が教えている日本語学校の卒業生で現在大学2年生のHさんが精神病院に隔離された、と聞き、驚いてそこを尋ねました。ところがその病院の受け付けで「今日は面会できる状態ではありませんから」と面会を拒否され、「では、先生とお話しができますか」と聞くと「親御さんではありませんから」とまたもや拒否。 Hさんは中国人です。しかも大学の職員が何千人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優先席

ある日、バスに乗ったら、某有名国立大学の学生(なぜわかるかというと、そのバスの始発点は某大学で、school bus状態だから)の学生が「優先席」に座っていました。 「あなた、立ちなさいよ。そこは優先席でしょう。字が読めるの?(私はいつもはおとなしい性格だけれども、そのバスに乗る度に充満している学生たちによって、年寄りは立たされ、妊婦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けまして おめでとうございます!

今年はゆとりある生き方がしたーーーいっと切に願ってますが、、、。うーん、どうなんでしょうか。 1月早々に、イスラエル人、ロシア人とか、今まで経験したことのない外国人がやってきます。問題は「漢字教育」。これがまた涙が出そうに、大変です。イヤーっ、、、。「ゆとりある生活」なんて、新年早々から望めそうにないですねぇ、、、。{%泣くwebr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語学校の年末会

今日は一年で最後の行事、「年末会」の日!職員室を開放して歌を歌ったり、教室でゲームをしたり、もう大騒ぎ。日頃まじめに授業を受けている学生も、来たばかりで、日本語がまだまだの学生もみんな一緒になって、楽しみます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログを書かなかった、イヤ書けなかった!

ぐらい、、忙しかった。まぁ、今も相変わらずではあるけれど、あまりこのまま書かないと、ちょっとまずいかなぁ、、、と思い、、、。11月に、ニューヨークアカデミー(NYA)http://www.ny-academy.com/の修了生を出し、無事就職させた。日本語学校の面接官から、「今までの模擬授業とは全くできの違うものを見せてもらった!」と評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアルって何?NO.2

また、また、マニュアルの話。日本語を教えるための勉強は、車の免許を取るのに似ているって、随分前のブログで書いたけれど、ここでまた、同じことを考えた。私達は「車の運転」を学ぶ時、「車の運転マニュアル」を最初に見るのだろうか。確かに教習所に通うと、最初に理論を学ぶ。それと同時に実際に教官を横に乗せて(イヤ乗ってもらって) すぐに車の動かし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more